今週の映画ランキング

今週のランキングは、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』(松竹)が、土日2日間で動員26万6000人、興収3億5150万円をあげ、堂々の初登場1位を飾った!

集計日付:2017年8月19日~8月20日

 今週の映画動員ランキングは、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』(松竹)が、土日2日間で動員26万6000人、興収3億5150万円をあげ、堂々の初登場1位を飾った。EXILE TRIBEが、ドラマ、映画のみならず、コンサート、イベント、コミックなど様々なメディアコンテンツ展開を繰り広げるHiGH&LOWプロジェクトの劇場版長編映画の第3弾。AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典ほか、EXILE TRIBEメンバーが総出演し、山田裕貴、窪田正孝、林遣都ら若手実力派勢、岩城滉一、津川雅彦、岸谷五朗、加藤雅也、笹野高史、高嶋政宏、木下ほうからベテラン勢が脇を固める。監督は「HiGH&LOW THE MOVIE」の久保茂昭。

  『怪盗グルーのミニオン大脱走』(東宝東和)は、土日2日間で動員22万7200人、興収2億7700万円をあげ2位。4週続いた連続1位記録を伸ばすことはできなかったものの、公開31日目にして累計興収55億6000円を記録し、「ミニオンズ」の最終興収52億円を超えて歴代イルミネーション作品の興収記録を塗り替える快挙を達成した。

  1993年に放送、1995年には劇場公開され、今なおカルト的な人気を誇る岩井俊二監督の名作テレビドラマを、「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之の総監督でアニメ映画化した『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(東宝)は、土日2日間で動員22万人、興収2億9500万円をあげ3位にランクイン。初日アンケートによると、観客の33%がハイティーン(16~19歳)、次いで20代が32.7%と若い女性を中心に、上は50代まで幅広く動員している。声の出演に広瀬すず、菅田将暉、宮野真守。脚本は「モテキ」「バクマン。」の監督/脚本を務めた大根仁が担当した。

  新作2本の上位ランクインで既存作品はそれぞれ順位を落としたが、累計興収は『スパイダーマン:ホームカミング』(ソニー)が18億4100万円、『君の膵臓をたべたい』(東宝)が21億9800万円、『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(東宝)が29億7300万円、『トランスフォーマー/最後の騎士王』(東和ピクチャーズ)が14億5700万円、『銀魂』(ワーナー)が34億8000万円、『メアリと魔女の花』(東宝)が28億5300万円となっている。

最終更新日:2017-08-22 15:30:21

広告を非表示にするには