サバイバルファミリー 作品情報

さばいばるふぁみりー

すべての電気が消えた世界で、さあどうする

サバイバルファミリーのイメージ画像1
サバイバルファミリーのイメージ画像2

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。冴えないお父さんと天然キャラなお母さん、無口な息子にスマホがすべての娘─。ある朝突然、緊急事態発生。テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池に至るまで、電気を必要とするすべてのものが完全にストップしてしまった。ただの停電じゃなさそうだ。情報も絶たれ自由を奪われた生活。そんな中、お父さんが決断を下す。

「サバイバルファミリー」の解説

『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などの矢口史靖監督が、原案、脚本も務めたサバイバル・コメディ。電気がなくなり、人々の生活が危機を迎えた中、生き残りを懸けて東京脱出を試みる家族の姿を描く。極めて困難な状況でありながらもユーモア満載で描写するのは、矢口監督の真骨頂。また、極力CGを用いずリアルな画を求めて10,000kmの日本全国オールロケを敢行。のべ1,500人ものエキストラが参加した壮大な撮影を実施し、スケールの大きな作品になっているのも、見どころのひとつ。鈴木家の両親を演じるのは、小日向文世と深津絵里。小日向さんが豚を追いかけ、深津さんが泥だらけになるなど、名優の体当たりぶりにも注目。

サバイバルファミリーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年2月11日
キャスト 監督・脚本・原案矢口史靖
出演小日向文世 深津絵里 泉澤祐希 葵わかな 菅原大吉 徳井優 桂雀々 森下能幸 田中要次 有福正志 左時枝 ミッキー・カーチス
配給 東宝
制作国 日本(2017)
上映時間 117分
公式サイト http://survivalfamily.jp/

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、3件の投稿があります。

P.N.「ビール党」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-01

矢口監督の作品は安心して楽しめるので観に行きましたが予想以上に面白かったです。筋違いな解釈もされてる様ですが、電力消失はあくまでギミックであり、そんな中で家族や他人との本当のつながりを再認識するということでしょう。また、あるシーンについて「火事場泥棒は良いのか」という声がありそうですが、そういう意味ではありません。


レビューを投稿する

「サバイバルファミリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-29 00:02:57

広告を非表示にするには