2017年2月 第2週の映画ランキング

今週のランキングは、『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(東映)が、土日2日間で動員31万7000人、興収4億200万円をあげて初登場1位を飾った!

集計日付:2017年2月11日~2月12日

 今週の映画動員ランキングは、『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(東映)が、土日2日間で動員31万7000人、興収4億200万円をあげて初登場1位を飾った。配給元の東映の発表によると、現時点で観客動員数は最終興収21億3000万円をあげた2014年公開の前作の190%、更にシリーズ最大のヒット作で最終興収44億4000万円を上げた1作目の100%となっており、「相棒」劇場版史上最高の成績を狙える大ヒットスタートとなった。主演の水谷豊、「4代目相棒」の反町隆史のほか、仲間由紀恵、及川光博、石坂浩二、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史ら豪華出演陣、TVシリーズのおなじみのメンバーも総出演している。

  2位には矢口史靖監督の最新作『サバイバルファミリー』(東宝)が、土日2日間で動員13万人、興収1億6500万円を上げて初登場。ある日突然電気が使えなくなった世界で、平凡な一家が必死で生きてゆく姿を描く、矢口監督によるオリジナルストーリー。主人公のさえないお父さんを小日向文世、天然なお母さんを深津絵里、無口な息子を泉澤祐希、スマホがすべての娘を葵わかながそれぞれ演じている。

  3位には先週1位の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(FOX)、4位には先週3位の『キセキ-あの日のソビト-』(東映)、5位には先週2位の『ドクター・ストレンジ』(ディズニー)がランクイン。6位には先週4位の『君の名は。』(東宝)が留まった。

  『フォレスト・ガンプ/一期一会』でアカデミー賞監督賞受賞の巨匠ロバート・ゼメキスがブラッド・ピット主演で撮りあげたラブストーリー『マリアンヌ』(東和ピクチャーズ)が7位に初登場。共演は『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でアカデミー賞主演女優賞に輝く実力派マリオン・コティヤール。

  『この世界の片隅に』(東京テアトル)は、今週さらに上映館数を増やし、8位をキープ。昨年11月に63スクリーンで幕をあけた本作は、14週目にして最大の289スクリーンまで拡大するという驚異的な興行で、2月12日までで累計興収20億円を突破した。

最終更新日:2017-02-21 15:31:12

広告を非表示にするには