奇蹟がくれた数式 作品情報

きせきがくれたすうしき

国籍を超え、二人を結びつけたのは数式だった

奇蹟がくれた数式のイメージ画像1
奇蹟がくれた数式のイメージ画像2

1914年、イギリスのケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで教授を務めるハーディの元に、一通の手紙が届く。それはインドのマドラスで働く青年ラマヌジャンからのもので、大きな数学的発見が記されていた。独学で数学を学んでいたラマヌジャンはハーディに呼び寄せられ、ケンブリッジに向かうが、“直感”に基づく彼の数式は、論理的な証明をする事ができなかった。また、学歴もない事から差別を受け…。

「奇蹟がくれた数式」の解説

インドの敬虔なバラモンの家庭に生まれたラマヌジャン。映画では彼の数学的発見の理由を“直感”としているが、彼はそれを“女神の導き”とも表現していた。つまり自分の直感は、神が与えてくれたという事だ。そしてそれは彼の指導者であり、もう一人の主人公である教授、ハーディにはなかなか理解できない。ハーディは無神論者であるだけでなく、人の悩みや体調に気づかない、人付き合いが苦手な人間なのだ。本作は、そんな年齢も国籍も考え方も違う2人が、師弟の関係を超えて人間として向き合える関係を築くまでの物語。ラマヌジャンには『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル、教授のハーディには『ミッション』などの名優ジェレミー・アイアンズが扮している。

奇蹟がくれた数式のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年10月22日
キャスト 監督・脚本マシュー・ブラウン
原作ロバート・カニーゲル
出演デヴ・パテル ジェレミー・アイアンズ デヴィカ・ビセ トビー・ジョーンズ スティーヴン・フライ
配給 KADOKAWA
制作国 イギリス(2016)
上映時間 108分

(C)2015 INFINITY COMMISSIONING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

DVD・ブルーレイ発売情報

奇蹟がくれた数式

奇蹟がくれた数式ジャケット写真
発売日2017年3月24日
価格3,800円+税
発売元KADOKAWA
販売元KADOKAWA
型番DAXA-5138

1914年、イギリスのケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで教授を務めるハーディの元に、一通の手紙が届く。それはインドのマドラスで働く青年ラマヌジャンからのもので、大きな数学的発見が記されていた。独学で数学を学んでいたラマヌジャンはハーディに呼び寄せられ、ケンブリッジに向かうが、“直感”に基づく彼の数式は、論理的な証明をする事ができなかった。また、学歴もない事から差別を受け…。
【特典】
劇場予告

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-09

妻役のデヴィカ・テイセ嬢がインドで只管、待っていて此の愛情の支えと絆が根本に在るんだろう…。学術的に飛び抜けた才能が有っても、象牙の塔は英国ケンブリジ大学でさえ壁は大きかった。医学界の〈白い巨塔〉では無いけれど人事的な面での説得や論文発表での公式スタイルの踏襲や本編では学歴、人種差別、戦時下等の諸困難が其の障壁を更に1段と高いものにしていた。其処の辺を突破する真実のストーリーは希望と勇気と励ましをポジテイブに与えてくれた!


レビューを投稿する

「奇蹟がくれた数式」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-14 16:00:11

広告を非表示にするには