ベン・ハー 作品情報

べんはー

あの不朽の名作が、最新技術で蘇る!

ベン・ハーのイメージ画像1

奴隷たちを乗せた船が大海原を進む中、突然の襲撃により転覆、足を鎖に繋がれたまま船から放り出される臨場感溢れるシーンから始まる本映像。一命を取り留め、とある島にひとりの男が漂流する。その男の名は、“ベン・ハー”。エルサレム地区の名家に生まれたベン・ハーは、義兄弟であったメッサラの裏切りにより奴隷となる。復讐を誓うベン・ハーは、競技場でメッサラと宿命の対決に挑む。

「ベン・ハー」の解説

1959年、ウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・ヘストン主演で公開され、アカデミー賞作品賞、監督賞をはじめとする11冠を達成した映画史に残る不朽の名作を、最新技術でリメイク。主人公のベン・ハーには、『アフリカの女王』『荒馬と女』で著名なジョン・ヒューストンを祖父にもつ『アメリカン・ハッスル』出演のジャック・ヒューストンが抜擢。宿敵のメッサラ役を『戦火の馬』のトビー・ケベルが演じる。脚本にはアカデミー賞脚色賞を受賞した『それでも夜は明ける』のジョン・リドリーとキース・クラークが務める。監督は『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフ。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ティムール・ベクマンベトフ
原案ルー・ウォーレス
出演ジャック・ヒューストン トビー・ケベル モーガン・フリーマン ロドリゴ・サントロ
配給 東和ピクチャーズ
制作国 アメリカ(2016)

(C)2016 Paramount Pictures and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:2.33点★★☆☆☆、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-01-11

本編は未見だがリメイク元の1959版をスター・チャンネルのTV放映で再見した。映画史に輝く一大スペクタクルの競技場の名シーンはとてもCGテクノをもってしても叶わない代物何だね?奴隷船の中の灼熱地獄のシーンはミュージカル映画〈レ・ミゼラブル〉の冒頭の過酷な労働を連想させたー。奴隷に転落した名も無きベン・ハーが解放されてローマ市民に返り咲く奇蹟を一種の「聖書」物語として崇高に描き出していたね。


レビューを投稿する

「ベン・ハー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-16 16:00:03

広告を非表示にするには