“制御不能”の石油掘削リグから脱出せよ!オイルまみれのキャラクタービジュアル&特別映像を同時解禁!

“制御不能”の石油掘削リグから脱出せよ!オイルまみれのキャラクタービジュアル&特別映像を同時解禁!
提供:シネマクエスト

マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督の強力タッグで、2010年に起こった[メキシコ湾岸石油流出事故]を完全映画化した海洋ティザスター大作『バーニング・オーシャン』が、4月21日(金)より日本公開となる。

2010年4月20日にメキシコ湾沖合80km、水深1,522mの海上で発生した原油流出事故を描く。海底油田掘削作業中だった石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”で、技術的不手際から掘削中の海底油田から逆流した天然ガスが引火して大爆発、海底へ伸びる5,500mの掘削パイプが折れて大量の原油がメキシコ湾へ流出。一体は文字通り“火の海”と化し、大火災が36時間続いた後、施設は沈没。原油の流出は87日間にもわたり、約78万キロリットル(490万バレル)もの原油が海洋に流出した。原因となったのは、経費削減のため無理な作業進行や安全対策の不備など様々な人為的要因の積み重ね。史上最大級の“人災”とも言われる大事故であった。

主人公の電気技師マイクを演じるのは『トランスフォーマー/最後の騎士王』が控えるマーク・ウォールバーグ。その上司で施設主任のジミーを、『ワイルド・スピード』シリーズ、『バックドラフト』のカート・ラッセルが演じる。彼らの雇い主である石油会社の管理職社員ヴィドリンに名優ジョン・マルコヴィッチ。大ヒットシリーズ『メイズ・ランナー』で主役をつとめる注目の若俳優ディラン・オブライエンが、油と泥にまみれる若き掘削作業員ケイレブを熱演。TVシリーズ「ジェーン・ザ・ヴァージン」でゴールデン・グローブ賞®を受賞したジーナ・ロドリゲスが共演している。
今回、ゴールデンウィーク最大の海洋ティザスター公開に向けて、オイルにまみれた5人のキャラクター・ビジュアルが解禁となった。

「必ず生き残るんだ」–愛する家族の元に帰るために、眉間に傷をつくりながらも決死の覚悟で仲間を助ける-電気技師マイクを演じたマーク・ウォールバーグは、「これは誰かを責め立てる映画ではなく、亡くなった方に敬意を捧げる映画」だと語っている。

カート・ラッセルは、「現場の安全を最優先」する施設主任ジミーを熱演。テストの遅れを取り戻そうとする「巨大企業」=石油会社のヴィドリンと激しく対立する。だが、ジミーの提案は無視され、掘削作業が進められてしまう。

「まずいことになっている」ことにいち早く気づくのは、犠牲者の多くが属していた掘削チームの作業員として身体を張った演技を披露するディラン・オブライエンだ。泥と石油まみれになるイケメン俳優に対してピーター・バーグ監督は「「私は彼にひどいことをした。顔を泥水まみれにして、彼だと分からない。プロデューサーからも彼の顔が見えないという声が出たが、私は『それが現実だ』と」、ディランの献身的な演技を高く評価している。

施設の管理室で働くアンドレアには、ラテン系アメリカ人支援などの社会活動に取り組んでいるジーナ・ロドリゲスが起用された。施設のあちこちから原油が噴出し、警告灯の点灯に気づきながらも、外部への救助要請を「勝手なことをするな」と上司に止められてしまう彼女のビジュアルには、「まだ死にたくない」という切実なメッセージが記されている。

また、同時解禁された特別映像「制御不能」は、休暇から“ディープウォーター・ホライゾン”へと戻ったマイクたちは笑顔で再会を喜ぶ。だが、泥水を全部汲み上げようとした途端、施設内で大異変が起こる。至る所から泥水が噴き出し、作業員たちを吹き飛ばす。そして、海中からのガスに引火、施設は大爆発を起こすのだ。管理室のアンドレアが「メーデー、メーデー、こちらディープウォーター・ホライゾン」と叫び、ディランは「今すぐ逃げろ」と絶叫。同僚を助けながら必死の脱出を試みるマイクだが…

『バーニング・オーシャン』は、メキシコ湾原油流出事故の経緯、施設内に閉じ込められた作業員126名の運命、被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた海洋スペクタクル大作。ハリウッドが本気で挑んだ実話の映画化、史上最悪の石油事故を圧倒的リアリティと迫力で再現した『バーニング・オーシャン』は、4月21日(金)より全国公開となる。

映画『バーニング・オーシャン』特別映像 ”制御不能”
https://youtu.be/HXyAq3lKE1I

最終更新日
2017-04-05 12:00:45
情報提供元
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには