ろう者の映画監督やアーティストが集まり「視覚の知性」をテーマにした“東京ろう映画祭”を開催

ろう者の映画監督やアーティストが集まり「視覚の知性」をテーマにした“東京ろう映画祭”を開催

 「視覚の知性」をテーマに、ろう者のデレクターがセレクションを務める”東京ろう映画祭”を開催。ろう者をとりまく手話社会を映し出した映画作品を多くの方に観ていただき、またその文化を知り、聴者そしてろう者自身にもより深くその魅力を知ってもいただくことで、ろう者の社会や芸術の発展につながる場をつくることを目的としています。

<東京ろう映画祭(TOKYO DEAF FESTIVAL 2017)>
■2017年4月7日(金)~9日(日)
■会場:ユーロライブ(渋谷)

 本映画祭では「視覚の知性」をテーマに、ろう者ディレクターがセレクトした、作品者の生活やそれを取り巻く社会問題、ろう文化やろう者のアイデンティティなど、様々な角度からろう者を扱った作品を、新旧織り交ぜてお届けします。ラインナップは主に日本とヨーロッパから、社会性・芸術性の高い映画を4つの部門に分けて紹介。世界各地の映画祭を沸かせた話題作から懐かしの名作まで、日本初上映となる作品を含め、劇場での鑑賞が貴重な12作品が揃いました。

【東京ろう映画祭 上映作品一覧】
<TDF FOCUS>
・『あの夏、いちばん静かな海』 監督:北野武/日
・『音のない世界で』 監督:ニコラ・フィリベール/仏
・『新・音のない世界で』 監督:レティシア・カートン/仏
・『あなたたちのために』 監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ/伊&仏
・『LISTEN リッスン』 監督:牧原依里・雫境/日
<特集:戦後を生きたろう者たち>
・『私を見てください、私もあなたを見ます』 監督:ブリジット・ルメーヌ/仏
・『井上孝治、表象を越えた写真家』 監督:ブリジット・ルメーヌ/仏
・『三浦浩翁半生記』 監督:深川勝三/日
・『たき火』 監督:深川勝三/日
<注目短編作品>
・『ジ・エンド』 監督:テッド・エヴァンズ/英
・『スティル・ヒア』 監督:ルイス・ニースリング/英
<特別上映 初日本語字幕付き上映>
・『愛のむきだし』 監督:園子温/日

 また上映作品の監督・出演者の来日が決定!『音のない世界で』の出演が日本でも印象に強いフランスのろう俳優、レベント・ベシュカルデシュ。日本のろう写真家・井上孝治の生涯を追ったドキュメンタリー作家、ブリジット・ルメーヌ監督。昨年、フランスのろう者の実情を捉えたドキュメンタリー映画『新・音のない世界で』がモントリオール世界映画祭ほか複数の映画祭で脚光を浴びたレティシア・カートン監督。以上3名が本映画祭のために来日し、舞台挨拶やトーク、シンポジウム、ワークショップに登壇します。映画祭での国際交流・文化交流を通じてろう文化のさらなる発展の場としてお楽しみいただきます。

 映画祭の開催に合わせ、多彩なろう文化に触れることができる写真展、個展、シンポジウムやワークショップ、またまた活弁士ならぬ手話弁士としてろう者の米内山明宏氏が映画の音声や台詞に合わせて手話で表現します。(4月7日(金)10時30分の回み)映画祭1日目には交流を深めるレセプションパーティーも開催。

★ただいまe+(イープラス)にてチケット絶賛販売中です★

---------------------
【主催・運営】東京ろう映画祭実行委員会
【後援】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本・東京都聴覚障害者連盟
【助成】公益財団法人 野村財団・公益財団法人 朝日新聞文化財団
【協賛】聾の鳥プロダクション・Shamrock Records 株式会社(音声認識アプリ「UDトーク」開発会社)・株式会社博報堂DY・アイ・オー・特定非営利活動法人メディア・アクセス・サポートセンター
【特別協力】井上孝治写真館・アツコバルーarts drinks talk・イタリア文化会館・Art Lab AKIBA・社会福祉法人トット基金・社会福祉法人聴力障害者情報文化センター
【協力】ローマ国際ろう映画祭CINEDEAF(主催:ローマろう研究所)・ロングライド社・オフィス北野・ファントム・フィルム・FotoFilmEcrit・Kaléo Films・BSL ZONE・Rai Com・KADOKAWA・睦聾唖映画演劇研究会・アメリカ橋ギャラリー・アップリンク・ユーロライブ

最終更新日
2017-03-16 15:30:00
情報提供元
東京ろう映画祭公式WEB(引用元

広告を非表示にするには