傲慢な王子が野獣になっても仕え続けたお城の住人たち一斉解禁!ディズニー最新作『美女と野獣』

傲慢な王子が野獣になっても仕え続けたお城の住人たち一斉解禁!ディズニー最新作『美女と野獣』1
傲慢な王子が野獣になっても仕え続けたお城の住人たち一斉解禁!ディズニー最新作『美女と野獣』2

 その芸術性と完成度の高さから、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされ、今なお愛され続けている不朽のアニメーション『美女と野獣』。主演に「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを迎え、ディズニー渾身の実写映画として新たに生まれ変わる。自分らしく生きながらも、周囲から「変わり者」と呼ばれ心に孤独を抱えていたベルと、外見に囚われ本当の自分を見失っていた野獣─ベルはなぜ、そんな野獣を愛したのか?知られざる真実がいま明かされる。
 そんなベルと野獣の愛の行く末を見守るユニークなお城の住人たちのキャラクターポスターが一挙解禁!

 『美女と野獣』といえば、野獣に仕えるお城の住人たちの活躍も見どころの一つ。魔女によって野獣の姿に変えられた美しい王子。その魔法は王子だけでなく、お城の住人たちをも燭台や置時計等の調度品に変えてしまった。彼らの呪いを解くカギはたった一つ、野獣が“真実の愛”を得ること。自分たちの呪いを解くためにも必死にベルと野獣の仲を取り持とうとする彼らは、時には二人の背中を押し、すれ違う二人に助言を与え、互いが言えない本音を代弁する。今回解禁となったビジュアルは彼らの呪いにかけられた姿と元の人間の時の姿だ。
 魅力的なサブキャラクターたちを演じるのは、実力派の超豪華俳優陣。城の給仕長ルミエール役に、「スター・ウォーズ」シリーズに出演し、『ムーラン・ルージュ』でその歌声にも定評があるユアン・マクレガー。ポット夫人を、「ハリー・ポッター」シリーズにも出演したアカデミー賞受賞女優エマ・トンプソン。執事コグスワースを、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを始め、数々の名作に出演したトニー賞受賞俳優イアン・マッケラン。更に、6回のトニー賞に輝くブロードウェイの歌姫オードラ・マクドナルドが脇を固める。

【レディファーストな給仕長:ルミエール】ユアン・マクレガー
城の給仕頭。主人である野獣とともに魔女の呪いをかけられ、燭台に変えられた。人をもてなすのが得意。

【小言が多い生真面目な執事:コグスワース】イアン・マッケラン
城の執事。置き時計に姿を変えられた。まじめで几帳面な性格で、野獣の機嫌を損ねないよう気を遣っている。

【あったかくて世話好きの料理番:ポット夫人】エマ・トンプソン
城のキッチンをとり仕切る料理人。ティーポットに姿を変えられた。囚われの身になったベルを優しく励ます。

【ダンス好きのセクシーなメイド:プリュメット】ググ・バサ=ロー
城で働くメイドの1人で、ルミエールのセクシーな恋人。羽ぼうきに姿を変えられた。

【ゴージャスな歌声の衣装係:マダム・ド・ガルドローブ】オードラ・マクドナルド
かつてはヨーロッパでも評判のオペラ歌手で、華やかな生活を送る歌姫だったが、洋服ダンスに変えられた。

【ちょっぴり神経質な音楽家:カデンツァ】スタンリー・トゥッチ
オペラ歌手マダム・ド・ガルドローブを妻に持つ、少々神経質なマエストロ。王子の舞踏会で妻とともに音楽を奏でていた時に呪いにかけられ、ハープシコードに変えられた。

 王子の傲慢な態度に憤慨した魔女によって姿を変えられたお城の住人たち。
彼らは、なぜ野獣に仕え続けたのか?アニメーション版では語られなかった理由が野獣の知られざる過去と共に実写版で明かされる!
ディズニーが贈る『美女と野獣』が、2017年4月21日(金)、いよいよあなたのもとへ!

■ディズニー公式Youtubeチャンネルリンク
https://www.youtube.com/watch?v=cQ4itmze9wM

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新日
2017-03-10 17:00:00
情報提供元
ジョルダン

広告を非表示にするには