恋多き女 デジタル修復版 作品情報

こいおおきおんなでじたるしゅうふくばん

美貌の公女エレナが巻き起こす恋愛喜劇の名作

恋多き女 デジタル修復版のイメージ画像1
恋多き女 デジタル修復版のイメージ画像2

<ベル・エポック>のパリ、7月14日の革命記念日。国民的人気のロラン将軍をひと目見ようと、大群衆が街を埋め尽くす。この日、ポーランド公女エレナ・ソロコフスカは、幸運のヒナギクをロラン将軍に捧げ、伯爵のアンリとワインを飲み交わす。エレナの輝くばかりの美貌は男たちを夢中にさせるが、夫に先立たれた彼女は、実業界の大立者マルタン=ミショーと結婚するためにパリを訪れていた。おりしも隣国ドイツとの戦争の危機が迫るなか、エレナをとりまく男たちの争いも始まろうとしていた。

「恋多き女 デジタル修復版」の解説

20世紀初めのフランスを舞台に、ポーランドから来た美貌の公女エレナが巻き起こす恋愛騒動を描く名作。主演はイングリッド・バーグマン。ハリウッドと家庭を捨て、イタリアの名匠ロベルト・ロッセリーニと結婚した世紀のスキャンダルから6年。『大いなる幻影』の名監督ジャン・ルノワールのもとで、変わらぬ美しさをあでやかに披露し、ハリウッド復帰のきっかけとなった本作。共演はフランスの二枚目俳優ジャン・マレーと、この頃オードリー・ヘプバーンと結婚していたメル・ファーラー。そして特別出演の歌姫ジュリエット・グレコが大輪の花を添える。2018年、デジタル修復版を劇場上映。(作品資料より)

恋多き女 デジタル修復版のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月3日
キャスト 監督ジャン・ルノワール
出演イングリッド・バーグマン ジャン・マレー メル・ファーラー ジャン・リシャール
配給 川崎市アートセンター
制作国 フランス(1956)
上映時間 99分
公式サイト http://kac-cinema.jp/koiooki-onna/

(C)1956 Gaumont-StudioCanal Image

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「恋多き女 デジタル修復版」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-14 00:14:41

広告を非表示にするには