女は二度決断する 作品情報

おんなはにどけつだんをする

愛する家族を奪われた女。彼女が下した決断

女は二度決断するのイメージ画像1
女は二度決断するのイメージ画像2

ドイツ北部の町ハンブルク。トルコ系移民のヌーリと結婚したカティヤは、息子ロッコも生まれ、幸せな日々を送っていた。そんな中、ヌーリの事務所の前で爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。悲しみに打ちひしがれるカティヤ。やがて犯人が捕まり、ネオナチのドイツ人が外国人を狙って起こした、人種差別テロだった。裁判が行われるが、その進行状況にカティヤは身も心も傷ついていく。そしてカティヤが下した決断とは…。

「女は二度決断する」の解説

移民問題で揺れるヨーロッパだが、比較的寛容と言われていたドイツでも、ネオナチや極右による外国人迫害の事件が起きている。この作品のモデルとなったのも、実際にドイツで極右グループが起こした事件。その時、警察は外国人同士のトラブルが原因と疑い、何年にも渡り犯人を特定する事ができなかったという。監督を務めるのはドイツの名匠ファティ・アキン。彼自身もトルコ系移民の元に生まれ、自らのルーツにこだわった作品を送り続けている。今作も高く評価され、第75回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞のほか、カンヌ国際映画祭でダイアン・クルーガーが主演女優賞を受賞するなど、多くの映画賞を受賞。もし愛する自分の家族が犠牲になったら、あなたはどうするか?という問いを、映画は観客に投げかける。

女は二度決断するのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年4月14日
キャスト 監督・脚本ファティ・アキン
出演ダイアン・クルーガー デニス・モシットー ヨハネス・クリシュ ウルリッヒ・トゥクール ヌーマン・エイカー
配給 ビターズ・エンド
制作国 ドイツ(2017)
年齢制限 PG-12
上映時間 106分
公式サイト http://www.bitters.co.jp/ketsudan/

(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「女は二度決断する」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-21 00:01:03

広告を非表示にするには