ダンシング・ベートーヴェン 作品情報

だんしんぐべーとーう゛ぇん

ベートーヴェン「第九交響曲」で奇跡の競演

ダンシング・ベートーヴェンのイメージ画像1
ダンシング・ベートーヴェンのイメージ画像2

スイス、ローザンヌ。「第九交響曲」出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

「ダンシング・ベートーヴェン」の解説

故モーリス・ベジャールによって振り付けられた伝説のダンス「第九交響曲」の東京公演。それはベジャール・バレエ団と東京バレエ団、そして世界的指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団という奇跡の競演が生み出した、稀代のステージだ。本作は、21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれた総合芸術のステージが出来上がるまでの度重なるリハーサルの様子や、ベジャールの後継者ジル・ロマン芸術監督のもと新たに踏み出したベジャール・バレエ団の様々な文化的背景を持つダンサーたちが織りなす人間ドラマに密着した感動のドキュメンタリー。「第九」が放つ壮大な世界観のもと、ダンサーという職業の苦悩や情熱を浮き彫りにし、ひと時限りのスペクタクルロマンを築き上げる姿に迫る。ベジャール・バレエ団に所属する大貫真幹ら日本人ダンサーの活躍にも注目だ。監督は、『ベジャール、そしてバレエはつづく』のアランチャ・アギーレ。(作品資料より)

ダンシング・ベートーヴェンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年12月23日
キャスト 監督アランチャ・アギーレ
振付モーリス・ベジャール
出演マリヤ・ロマン エリザベット・ロス ジュリアン・ファヴロー カテリーナ・シャルキナ 那須野圭右 オスカー・シャコン 大貫真幹 上野水香
配給 シンカ
制作国 スイス=スペイン(2016)
上映時間 83分
公式サイト http://www.synca.jp/db/

(c)Fondation Maurice Bejart, 2015 (c)Fondation Bejart Ballet Lausanne, 2015

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ダンシング・ベートーヴェン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-15 00:12:00

広告を非表示にするには