ひかりのたび 作品情報

ひかりのたび

人間の命にはまぎれもなく価格が付いている

ひかりのたびのイメージ画像1
ひかりのたびのイメージ画像2

四年前に町にやってきた植田は不動産業を生業としている。彼にはある噂が囁かれている。それは訳ありの土地に値段をつけて外国人に売っているというものだ。最近はダムのそばの医療センターの外国人雇用問題にも関わっているという。元町長の三好は地元に愛着がなく土地を荒らすようなことをする植田を快く思っていなかった。植田には妻と離婚後、男手一つで育てた高校三年生の娘・奈々がいる。来年の春に高校卒業を控える奈々は、幼い頃から父の都合で転校が続いた。この町は最も長く住み、慣れ親しんだ場所である。父のせいで嫌がらせをされることもあるが、町で働きたいという希望があった。卒業後は東京に行って欲しいと考えていた植田は、気持ちが変わらず町で暮らし続けたいという奈々のために、三年前のある夜の事故について打ち明けることに…。

「ひかりのたび」の解説

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015中編の部グランプリ受賞作の映画化。娘の奈々を演じるのは、本作が長編映画初主演となる志田彩良。父への思いや進路に悩みながらも、町に留まることを決意する等身大の女子高生役に挑戦した。父親の植田役はテレビ東京系「カンブリア宮殿」のナレーションでおなじみの高川裕也。『ソロモンの偽証』では問題児の父親を演じたバイプレーヤーが、裏がありつつも礼儀正しく誠実で奇妙な男を見事に体現している。監督・脚本は、本作が商業映画初監督となる澤田サンダー。(作品資料より)

ひかりのたびのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月16日
キャスト 監督・脚本澤田サンダー
出演志田彩良 高川裕也 瑛蓮 杉山ひこひこ 萩原利久 後藤早貴 Lilme 川崎誠司 宮本なつ 鳴神綾香 山田真歩 浜田晃
配給 マグネタイズ
制作国 日本(2017)
上映時間 91分
公式サイト http://hikarinotabi.com/

(C)『ひかりのたび』製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ひかりのたび」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-22 00:12:45

広告を非表示にするには