風の色 作品情報

かぜのいろ

北海道で再び出会ったかつての恋人の正体は

風の色のイメージ画像1
風の色のイメージ画像2

恋人のゆりを亡くした青年・涼は、近所にできたカフェでマジックに感動し、マジシャンの道を目指し始める。2年前に北海道での水中脱出マジックで亡くなった天才マジシャン・隆が自分と瓜二つであることに気づいた涼は、かつてゆりが言っていた「流氷が見たい」という言葉を思い出し北海道に向かった。そこで涼はゆりに瓜二つの亜矢という女性に出会う。亜矢と一夜を共にして東京に戻った涼は、ゆりの母から意外な事実を知らされる…。

「風の色」の解説

『猟奇的な彼女』の韓国人監督クァク・ジェヨンが、古川雄輝、藤井武美という若手俳優を主演に迎え、北海道を舞台にして描いたラブストーリー。自分とそっくりな死んだマジシャンの隆、ゆりと亜矢という瓜二つの美女…。古川雄輝が、マジシャンとしての才能を開花させていく青年・涼と、亡くなった天才マジシャンの隆という二役で抑制の効いた演技を見せている。北海道でロケを行っており、札幌の町並みや北見の雪模様、網走の砕氷船などの風景も美しい。クァク・ジェヨン監督の過去作『僕の彼女はサイボーグ』、『更年奇的な彼女』などへのオマージュも。日本を舞台にした日本語の映画でありながら、外国映画の味わいを感じさせる一作となっている。

風の色のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月26日
キャスト 監督・脚本クァク・ジェヨン
出演古川雄輝 藤井武美 石井智也 袴田吉彦 小市慢太郎 中田喜子 竹中直人
配給 アジアピクチャーズエンタテインメント、エレファントハウス
制作国 日本(2017)
上映時間 119分
公式サイト http://kaze-iro.jp/

(C)「風の色」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「グルグル」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-01-31

キスシーンが多すぎて違和感しかない腰のタトゥーも日本人らしく見えず終始韓国映画ドッペルゲンガーとはいえ隆と涼は全くの別人なのだから姿似ているぐらいで愛だの求める亜矢に最後まで共感できなかった古川くんのマジックショーは似合っていると思う


レビューを投稿する

「風の色」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-06 00:02:33

広告を非表示にするには