望郷 作品情報

ぼうきょう

ふたつの親子が贈る感動のミステリー

望郷のイメージ画像1

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話しを耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める…。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航のもとには、ある日、父の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが…。

「望郷」の解説

人気作家・湊かなえの同名連作短篇集の中から、「夢の国」「光の航路」を映画化。それぞれの主演を務めるのは貫地谷しほりと大東駿介。同じく湊かなえ原作『白ゆき姫殺人事件』で共演している。監督は『ディアーディアー』の菊地健雄。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月16日
キャスト 監督菊地健雄
原作湊かなえ
出演貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人
配給 エイベックス・デジタル
制作国 日本(2017)
上映時間 112分
公式サイト http://bokyo.jp/

(C)2017 avex digital Inc.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「望郷」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-08-12 00:01:27

広告を非表示にするには