ザ・ウォール 作品情報

ざうぉーる

命を守るのは壁ひとつ!戦場での孤独の攻防戦

ザ・ウォールのイメージ画像1
ザ・ウォールのイメージ画像2

2007年のイラク。アメリカ兵のアイザックとマシューズは、荒廃した村が見える丘の上にすでに20時間いる。眼下では狙撃されたとみられる、建設作業員と護衛のアメリカ兵の死体が転がっている。安全を確認して下に降りた2人だが突然の銃撃に遭い、マシューズは崩れ落ち、アイザックはかろうじて壁の裏に逃げ込む。足を撃たれたアイザックは無線で助けを求めるが、出た相手はアメリカ兵に恐れられている狙撃兵“ジューバ”だった。

「ザ・ウォール」の解説

たったひとり、崩れかけた壁の裏側に取り残された主人公。本作の大半は、その狙撃兵アイザックと彼をどこからか狙うイラクの狙撃兵との攻防戦を描く。互いに目視したら死が待っている敵同士なので、顔を合わす事はなく、無線を通じて2人の会話による心理戦が進行する。そして、同時に主人公アイザックの隠れた過去の心の傷も明らかになっていく。敵のスナイパーのモデルは、イラク戦争時に実際に37人のアメリカ兵を殺害したとされる武装勢力の狙撃手“ジューバ”。砂にまみれながら出ずっぱりの熱演を見せるのは、『GODZILLA ゴジラ』のアーロン・テイラー=ジョンソン。監督は、『ボーン・アイデンティティ』や『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などのダグ・リーマン。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年9月1日
キャスト 監督ダグ・リーマン
出演アーロン・テイラー=ジョンソン ジョン・シナ
配給 プレシディオ
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 90分
公式サイト http://thewall-movie.jp/

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「きらきら」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-03

久々の名作に出会ったという感じ。映画からのメッセージはぼんやり受け身で見ていては受け取りそこなうかも。しかも素直にストーリーにゆだねることも必要かもしれない。壁はイラクの小学校だった、という戦争というものが双方に言い分を持ち、正しい解決などないという宿命も絡めつつ、人間が社会の中で重い任務を背負い、生きるということはなんなのか、という人生の原点をも見せつけられる。俳優さんも臨場感そのものの中で、演技とは思えない。監督の視点もゆるがない。見ていて安定感もある。


レビューを投稿する

「ザ・ウォール」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-21 00:01:03

広告を非表示にするには