ジェーン・ドウの解剖 作品情報

じぇーんどうのかいぼう

閉ざされた遺体安置所を襲う怪奇現象

ジェーン・ドウの解剖のイメージ画像1
ジェーン・ドウの解剖のイメージ画像2

ある晩、警察の死体解剖を請け負っているトミーとオースティン親子のもとへ、身元不明の女性の死体が運び込まれる。見たところどこにも外傷がなく、死因は不明。だが、メスを入れて体内を調べていくと、不審な点がいくつも見つかる。両手足首に骨折が見られ、舌は抜かれ肺は真っ黒く焦げ、胃の中には毒草や布切れが。ふたりはなんとか死因を突き止めようと解剖を進めていくが、やがて天候は崩れ建物の電気が落ち、室内に閉じ込められてしまう。

「ジェーン・ドウの解剖」の解説

“ジェーン・ドウ”(Jane Doe)とは、身元の分からない女性を呼ぶときに使われる仮名(ちなみに男性の場合はジョン・ドウ=John Doe)。本作は、遺体安置所を舞台に身元不明女性遺体の検死から、さまざまな怪現象が巻き起こる恐怖を、リアルな解剖シーンの描写を交えて描いたホラーだ。田舎町で息子と一緒に遺体安置所と火葬場を経営するベテラン検死官が経験する怪奇現象と、逃げ場のない恐怖をスリリングに描いている。監督は「トロールハンター」を手がけたノルウェー人監督アンドレ・ウーブレダル。ベテラン名バイプレーヤー、ブライアン・コックスと、『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュが、死体解剖の世界をリサーチし、リアルに演じているのが見ものだ。

ジェーン・ドウの解剖のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年5月20日
キャスト 監督アンドレ・ウーブレダル
出演エミール・ハーシュ ブライアン・コックス オフィリア・ラビボンド
配給 松竹メディア事業部
制作国 アメリカ(2016)
年齢制限 R-15
上映時間 86分
公式サイト http://janedoe.jp/

(C)Autopsy Distribution, LLC. All Rights Reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-08

久々に、「夜中にトイレに行けなくなる」ホラーです。自宅の寝室とトイレが離れていて、間に長い廊下のある家の人は見てはいけません。じわじわとした心理的な怖さがメインだけど、解剖の話なので、ビジュアルなインパクトが、思ったよりも強いですね。ホラーならなんでも来い、という人向けです。


レビューを投稿する

「ジェーン・ドウの解剖」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-30 00:01:57

広告を非表示にするには