残像 作品情報

ざんぞう

巨匠アンジェイ・ワイダ監督、最後の作品

残像のイメージ画像1
残像のイメージ画像2

1945年のポーランド。スターリンが侵略の手を伸ばしつつある中、アヴァンギャルドなスタイルで有名なポーランド人画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキは、政治が主導する社会的リアリズムの方針と、自身のアートが歩み寄ることを拒否する。それにより大学教授の椅子から追放され、美術館からは作品が排除されるという憂き目にあう。だが彼は学生たちの協力を得ながら、党に対して闘いを挑み続けるのだったが……。

「残像」の解説

2016年10月に逝去した巨匠アンジェイ・ワイダ監督の遺作となった本作。1945年、スターリンが侵略の手を伸ばしていた頃のポーランドを舞台に、画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキが経験する迫害と、それにめげない不屈の闘志を描いた作品だ。その晩年の姿は、全体主義に対するアーティスティックなレジスタンスのシンボルとなったという。脚本はワイダ自身と、『カティンの森』の原作者アンジェイ・ムラルチク。『戦場のピアニスト』のパヴェウ・エデルマンによる、陰影を活かした撮影も秀逸だ。本作は、ワイダの死のひと月前にトロント映画祭マスター部門で世界初上映され、2017年アカデミー外国語映画賞ポーランド代表作品に選ばれた。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年6月10日
キャスト 監督アンジェイ・ワイダ
出演ボグスワフ・リンダ ゾフィア・ヴィフラチュ ブロニスワヴァ・ザマホフスカ
配給 アルバトロス・フィルム
制作国 ポーランド(2016)
上映時間 98分
公式サイト http://zanzou-movie.com/

(C)2016 Akson Studio Sp. z o.o, Telewizja Polska S.A, EC 1 ? ??dz Miasto Kultury, Narodowy Instytut Audiowizualny, Festiwal Filmowy Camerimage- Fundacja Tumult All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-02

本当に力作だと思う。その思想に賛成か否かは意見が分かれるだろうが、テオ・アンゲロプロス監督同様、アンジェイ・ワイダ監督の逝去は世界の映画界にとって誠に大きな損失である。こだわりを持って巨匠たちが創り続けた作品の素晴らしさに今回も打ちのめされた。それにしても、赤い旗を掲げて自慢げに行進をする人民たちの姿。そこに「インターナショナル」の曲が流れて…そういう時代があったんだよなあ。


レビューを投稿する

「残像」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-24 00:01:46

広告を非表示にするには