侠女 デジタル修復版 作品情報

きょうじょ

キン・フー監督、最高傑作

侠女 デジタル修復版のイメージ画像1
侠女 デジタル修復版のイメージ画像2

明時代末期。絵や書を売る書生のグーは、小さな村に母親と暮らしていた。ある日、店に現れたオウヤンという見知らぬ男に、住んでいるチンルー砦のことを聞かれる。近所を調べると、そこには美しい女性ヤンが越してきていた。母親からの勧めもありグーとヤンの距離が縮まる中、二人の目の前にオウヤンが現れ、剣を抜きヤンと戦い始める。なんとヤンは政府(東廠)に反旗して処刑された大臣の娘で、一族抹殺された中での唯一の生き残りだった。人相書を頼まれたことで事実を知ったグーは、姿を消したヤンを探し出し、彼女とその仲間を助けるために、兵法を使って東廠の追跡隊を罠にかけるが…

「侠女 デジタル修復版」の解説

第28回カンヌ国際映画祭で中華圏映画として初めて高等技術委員会グランプリを受賞し、世界的にも認められたキン・フー監督の記念碑的傑作。『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』などで有名な古典伝奇文学「聊齋志異」からの1篇から映像化された。印象的な竹林での戦いのシーンは、その後の武侠アクションに大きな影響を与え、それを模したシーンが多々登場するほどである。『成龍拳』のシュー・フォン、『山中傳奇』のシー・チュン、『燃えよドラゴン』のロイ・チャオ等が共演し、当時スタントなどをしていたサモ・ハン・キンポーがチョイ役で顔を見せている。2016年の東京フィルメックスで4Kデジタル修復版が上映、2017年にデジタル修復版が劇場公開。(作品資料より)

侠女 デジタル修復版のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年1月28日
キャスト 監督・脚本キン・フー
出演シュー・フォン シー・チュン ティエン・ポン パイ・イン ロイ・チャオ
配給 松竹メディア事業部
制作国 台湾(1971)
公式サイト http://www.shochiku.co.jp/kinghu/

(c)1971 Union Film Co., Ltd./ (C)2015 Taiwan Film institute All rights reserved (for A Touch of Zen)

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「侠女 デジタル修復版」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-21 00:01:06

広告を非表示にするには