アラビアの女王 愛と宿命の日々 感想・レビュー 4件

あらびあのじょおうあいとしゅくめいのひび

総合評価4点、「アラビアの女王 愛と宿命の日々」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-12-05

そして本編に恋人役で出ていたジェイムズ-フランコ主演の映画〈サスペクツ・ダイアリー〉を視たー。記憶とトラウマとの闘いがテーマ。フランコ自身が実際に作家や大学院の教員と言うインテリなので虚実が一際混交した作品かも知れない…。又、何時もながら、ポーカー・フェイスなフランコの魅力は堪らないしね🕵️

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-02-23

絶賛はしないが、決して出来の悪い作品だとは思わない。ひと時代前なら、一度に1000人近くの観客が入る大劇場で、70ミリ方式上映として見たかったような思いがあった。残念なことに当地での上映館は定員100人余りのミニシアターの画面(お世辞にも大画面とは言えません!)。いろんな意味で勿体ない感じの映画だと思った。何でもかんでもアート系ミニシアターは嫌だなあ…。

P.N.「ミスチーフ・J」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-02-17

アラビアの雄大な風景と、因習に囚われずに自由に生きたヒロインの魅力は見物。ただ、受ける印象が古く、メディアの不十分な時代の、ロマンとしてのアラビアだと思う。ヒロインの周囲の人が彼女に惹かれるのはわかるが、彼女視点からはどうだろう。後半の歴史的に重要な展開はほぼ省いてるし。ロレンスは妙にリアルだった。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-02-08

非常に理智的な映画だった!ニコール・キッドマンは映画グレース・ケリーに続いて見事な伝記ものをこなした…。ヘエウツウオーク監督の3D の太古の洞窟ドキュメントの興味と本編の考古学への関心がオーバーラップした。

最終更新日:2018-02-06 00:01:28

広告を非表示にするには