栄光のランナー/1936ベルリン 作品情報

えいこうのらんなー1936べるりん

差別や抑圧のもと競技に人生を賭けた陸上選手

栄光のランナー/1936ベルリンのイメージ画像1
栄光のランナー/1936ベルリンのイメージ画像2

貧しい家庭に生まれながらも、中学時代から陸上選手として抜きん出た力を発揮していたジェシー・オーエンスは、その実力が買われオハイオ州立大学に入学する。コーチのラリー・スナイダーと出会ったジェシーは、人種差別に耐えつつ、日々トレーニングに励んでいた。恋人の支えもあり、見事オリンピックの代表選手に選ばれるが、アメリカ国内では、ナチスに反対し、ベルリンオリンピックをボイコットする機運が高まっていた…。

「栄光のランナー/1936ベルリン」の解説

アメリカの陸上競技選手ジェシー・オーエンスを描いた本作は、彼がアメリカ国内での人種差別やナチス政権による抑圧との闘いと、コーチや仲間との友情、家族の絆を描いた物語。彼の名は、ナチス独裁政権下で開催され、のちに「ヒトラーのオリンピック」とも呼ばれた1936年のベルリンオリンピックで史上初の四冠を達成した事で知られている。オーエンスを演じるのは、『グローリー/明日への行進』で公民権運動の活動家ジョン・ルイス役を演じたステファン・ジェイムス。人種差別に打ち克ち、ヒトラーによる抑圧に負けなかったオーエンスの勇気と忍耐を、全身全霊で演じ切っている。ジェレミー・アイアンズやウィリアム・ハートといったベテランも名を連ね、出演者は豪華な布陣だ。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年8月11日
キャスト 監督スティーヴン・ホプキンス
出演ステファン・ジェームス ジェイソン・サダイキス ジェレミー・アイアンズ カリス・ファン・ハウンテン ウィリアム・ハート
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
制作国 フランス=ドイツ=カナダ(2016)
上映時間 134分

(C)2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-15

そして競技者ジェシー・オーエンスに1936年ヒットラー独裁のナチス政権下のオリンピックへアメリカ合衆国選手として参加するか否かを廻ってのプレッシャーが加わる…。苦境の連続が人間の巾を一回りを二回りも大きくして行くスポーツマンのドラマ。結局ベルリン・オリンピックでドイツの選手を破り、総統の鼻を空かしたオーエンスの活躍を帰国時に100万の民衆が歓迎したと云う。文字通り炎のランナーのゴールドメダリストの勇気有る勝利だった???ドイツの幅跳び選手との友情のシーンも中々に見応えが在った!


レビューを投稿する

「栄光のランナー/1936ベルリン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-20 16:00:04

広告を非表示にするには