カルテル・ランド 作品情報

かるてるらんど

メキシコの麻薬戦争の悪と現実の境界を描く

カルテル・ランドのイメージ画像1
カルテル・ランドのイメージ画像2

メキシコ、ミチョアカン州の小さな町の内科医ホセ・ミレレスは、地域を苦しめる凶悪な麻薬カルテル「テンプル騎士団」に対抗するべく、市民たちと蜂起する。一方、コカイン通りとして知られるアリゾナ砂漠のオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコからの麻薬密輸を阻止する自警団「アリゾナ国境偵察隊」を結成。2つの組織は勢力を拡大していくが、やがて麻薬組織との癒着や賄賂が横行し…。

「カルテル・ランド」の解説

『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督が製作総指揮を手がけ、2006年から続くメキシコ麻薬戦争の最前線をとらえたドキュメンタリー。若きアメリカ人監督マシュー・ハイネマンが決死の覚悟で取材を敢行し、メキシコ社会の実態を明らかにしていく。主要登場人物に密着取材を始めたハイネマンは、あえて外部の専門家のインタビューやテロップを使わなかった。何か月もかかって彼らの信頼を勝ち取ったが、危険な状況下で路上の銃撃戦などの緊迫した状況に何度も直面したという。この映画は明快な答えこそないものの、モラルの曖昧さをえぐり出しメキシコの麻薬戦争を普遍的な物語として描いている。第88回(2016年)アカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

カルテル・ランドのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年5月7日
キャスト 監督マシュー・ハイネマン
製作総指揮キャスリン・ビグロー
配給 トランスフォーマー
制作国 アメリカ=メキシコ(2015)
年齢制限 PG-12
上映時間 100分

DVD・ブルーレイ発売情報

カルテル・ランド

カルテル・ランドジャケット写真
発売日2016年10月4日
価格3,900円+税
発売元トランスフォーマー
販売元ハピネット(ピーエム)
型番HPBR-79

メキシコ、ミチョアカン州の小さな町の内科医ホセ・ミレレスは、地域を苦しめる凶悪な麻薬カルテル「テンプル騎士団」に対抗するべく、市民たちと蜂起する。一方、コカイン通りとして知られるアリゾナ砂漠のオルター・バレーでは、アメリカの退役軍人ティム・フォーリーが、メキシコからの麻薬密輸を阻止する自警団「アリゾナ国境偵察隊」を結成。2つの組織は勢力を拡大していくが、やがて麻薬組織との癒着や賄賂が横行し…。
【特典】
本編未収録シーン
音声解説
海外オリジナル予告編

(C)2015 A&E Television Networks,LLC

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-08-13

我が街のミニシアターでようやく公開。見てきました。画面から「本気度200%」みたいなド迫力が伝わってきた作品。正義とは? 善とは? 悪とは? 住民が求める理想と現実の隔たり…もういろんなことを感じ取れた傑作だと思います。見終わった後、屋外の空気が何と爽やかであったことか。いやあホントすごかった!


レビューを投稿する

「カルテル・ランド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:42:13

広告を非表示にするには