ジプシーのとき 作品情報

じぷしーのとき

ジプシーの世界を、一人の青年の成長を通して描く

ジプシーたちが居住するユーゴのとある小さな村。祖母から不思議な魔法を授けられた少年ペルハンは、あくどいジプシーのアーメドに騙されて…。

「ジプシーのとき」の解説

『パパは、出張中!』でカンヌに旋風を巻き起こしたエミール・クストリッツァが、4年ぶりに発表した叙情詩的大作。ヨーロッパ中を放浪したジプシーの日常生活を、ひとりの青年の成長記として描いた本作は、いかなる束縛からも自由で、本能のままに生きる人物像を好んで描く監督の作家的傾向が窺い知れる。尚、この作品はジプシーの言葉“ロマ語”によって撮られた最初の映画といわれている。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督エミール・クストリッツァ
出演ダヴォール・ドゥモヴィッチ ボラ・トドロヴィッチ リュビシャ・アジョヴィッチ
制作国 ユーゴスラビア(1989)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ジプシーのとき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-25 00:01:46

広告を非表示にするには