蜜のあわれ 作品情報

みつのあわれ

室生犀星の幻想文学を二階堂ふみ主演で映画化

蜜のあわれのイメージ画像1
蜜のあわれのイメージ画像2

自分の事を「あたい」と呼び、まあるいお尻と愛嬌のある顔が愛くるしい赤子は、共に暮らす老作家を「おじさま」と呼んで、かなりきわどいエロティックな会話を繰り返し、夜は身体をぴったりとくっ付けて一緒に眠る。彼女の正体は実は真っ赤な金魚だった。ある時、赤子の前に老作家への愛を募らせこの世へと蘇った幽霊のゆり子が現れる。老作家の友人・芥川龍之介、金魚売りの男が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて…。

「蜜のあわれ」の解説

文豪、室生犀星が晩年に発表した小説「蜜のあわれ」は、室生自身を投影しているともいわれている幻想的な文学ドラマ。金魚から人間の姿に変貌する小悪魔的な少女・赤子を二階堂ふみが熱演。そして老作家役には大杉漣。老作家の過去の女で怪しげな幽霊に真木よう子、そして同時代に活躍し親交も深かった作家・芥川龍之介役には高良健吾、唯一赤子の秘密を知る金魚売りに永瀬正敏と、豪華キャストが物語を彩る。監督は、ジャンルを超越した強烈な世界観で熱狂的な支持を受け、精力的に作品を創り続けている石井岳龍。室生犀星の地元である石川県金沢市・加賀市を中心に富山県でもロケが行われ、原作小説の耽美でエロティシズム漂う世界観を見事によみがえらせた。

蜜のあわれのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年4月1日
キャスト 監督石井岳龍
原作室生犀星
出演二階堂ふみ 大杉漣 真木よう子 韓英恵 上田耕一 渋川清彦 高良健吾 永瀬正敏
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2016)
上映時間 105分

(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「蜜のあわれ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-26 00:02:25

広告を非表示にするには