ぼくらの家路 作品情報

ぼくらのいえじ

いくつもの傷心を越えて生きてゆく

ぼくらの家路のイメージ画像1

ジャックは10歳。6歳の弟マヌエルの世話と家事を一手に引き受けベルリンに暮らしている。大好きなママは新しい恋人に夢中だ。ところが、ある事件が起き、郊外にある養護施設に預けられる事に。待望の夏休み、迎えを待つジャックに、あと3日待って欲しいとママから電話が入る。意気消沈するジャックは、いじめっ子のダニーロとトラブルを起こし施設を飛び出す。夜通し歩いて辿り着いた家にママの姿はなかった…。

「ぼくらの家路」の解説

無条件に愛し、追い求めた母は、同じ愛で応えてくれる事はない。切ない片思いに見切りをつけるとき、少年は子ども時代に別れを告げ、大人への扉を自らの意志で開く選択をする…。オーディションで選ばれ、これが初めての演技経験となる主演のイヴォ・ピッツカーが素晴らしい。その一途さ、その凛々しさに魅了されずにはいられない。彼の視線で展開するカメラワークも秀逸。監督のエドワード・ベルガーが女優でもあるネル・ミューラー=ストフェンと共に書き上げた脚本を緻密に仕上げ、第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品。巨匠ケン・ローチやダルデンヌ兄弟を彷彿させると絶賛されたのも納得の出来栄え。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月19日
キャスト 監督エドワード・ベルガー
出演イヴォ・ピッツカー ゲオルグ・アームズ ルイーズ・ヘイヤー ネル・ミュラー=ストフェン ヴィンセント・レデツキ ヤコブ・マッチェンツ
配給 ショウゲート
制作国 ドイツ(2013)
年齢制限 PG-12
上映時間 103分

(C)PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH

DVD・ブルーレイ発売情報

ぼくらの家路

ぼくらの家路ジャケット写真
発売日2016年3月2日
価格3,800円+税
発売元ニューセレクト
販売元アルバトロス
型番ALBSD-1968

ジャックは10歳。6歳の弟マヌエルの世話と家事を一手に引き受けベルリンに暮らしている。大好きなママは新しい恋人に夢中だ。ところが、ある事件が起き、郊外にある養護施設に預けられる事に。待望の夏休み、迎えを待つジャックに、あと3日待って欲しいとママから電話が入る。意気消沈するジャックは、いじめっ子のダニーロとトラブルを起こし施設を飛び出す。夜通し歩いて辿り着いた家にママの姿はなかった…。
【特典】
予告編

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ぼくらの家路」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-11-25 23:00:46

広告を非表示にするには