はなればなれに(2012) 作品情報

はなればなれに

ゴダールやトリュフォーが目に浮かぶ

パン屋で働き、職人を目指していたが、勤務態度を指摘されてクビになってしまったクロ。結婚を意識して付き合っていた恋人のナナと、些細なことで喧嘩別れをしたカメラマンの英斗。そして、主演女優が降板してしまい、公演が危ぶまれる演出家の豪。それぞれ別の人生の目的を持った接点のない3人が、ひょんな事から出会い、東京を飛び出してさまよう。行き場をなくした3人は、海辺の閉鎖された旅館で不思議な共同生活を始める。

「はなればなれに(2012)」の解説

早稲田大学大学院客員研究員として、小津安二郎監督の研究を行なってきた下手大輔監督の長編デビュー作。偶然知り合った3人の若者が、とある海辺で送る束の間の共同生活─そんな“時間”をゆったりと紡いでいく。このタイトルからもわかるように、ゴダールからの影響はもとより、トリュフォーやジム・ジャームッシュからの引用も垣間見える青春群像劇。セリフは最小限、BGMは生演奏とラジオのみ、ほとんどワンシーン、ワンカットのシンプルな構成ながら、3人の距離感を巧みに、かつコミカルに描いている。ワルシャワ国際映画祭、東京国際映画祭をはじめ、世界9カ国、11の国際映画祭に招待されている本作。新しい才能の誕生を感じさせる才気あふれる一作。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年4月26日
キャスト 監督・脚本下手大輔
出演城戸愛莉 中泉英雄 斉藤悠
配給 Particle Pictures
制作国 日本(2012)
上映時間 86分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「はなればなれに(2012)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-06-24 00:01:13

広告を非表示にするには