マリアの胃袋 作品情報

まりあのいぶくろ

南の島で女を漁って食する怪物の恐怖を描く

とあるメーカーの宣伝課長である江島東洋男とモデルのマリアは、不倫旅行中のサイパンで、交通事故に遭遇してしまった。一年後、この島にバカンスにやって来た彰子、悦子、静江、恭子の四人組は、東洋男と同じ会社のOL。そして、四人のホテルには心中する相手を探している安井という会社員といかにも水っぽい信代が投宿していた。死んだ東洋男に恋をしていた彰子は、それ故か東洋男の幽霊に出会うようになってしまう。

「マリアの胃袋」の解説

南の島を舞台に、女を漁って食する怪物の恐怖をユーモラスに描く。脚本は「ベッド・パートナー BED PARTNER」の西岡琢也が執筆。監督はこれがデビュー作となる平山秀幸。撮影は「座頭市」の長沼六男がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督平山秀幸
出演相楽晴子 柄本明 大竹まこと 余貴美子 小河麻衣子 広岡由里子
配給 アルゴプロジェクト
制作国 日本(1990)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「マリアの胃袋」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-10-10 00:01:52

広告を非表示にするには