月光ノ仮面 作品情報

げっこうのかめん

板尾創路が監督を務めた長編映画第2作

月光ノ仮面のイメージ画像1
月光ノ仮面のイメージ画像2

終戦から2年が経った昭和22年。ボロボロの軍服を身に付けたひとりの男がふらりと町に現れる。彼はいきなり寄席小屋に入り、高座に上がったものだから、噺家たちにつまみ出されてしまう。実はこの男の正体は、人気実力ともに認められた落語家・森乃家うさぎといい、戦争で傷を負い記憶を失くしたため、顔面を包帯でぐるぐる巻きにしていたのだ。かすかな記憶を辿るように、彼は得意としていた題目“粗忽長屋”をつぶやく……。

「月光ノ仮面」の解説

バラエティ番組の人気タレントとしてお茶の間の人気者であるとともに、俳優として、さらに映画監督としても『板尾創路の脱獄王』でデビューを果たすなど、多才さを発揮する板尾創路が監督、脚本、主演を務めたこの長編映画第2作は、古典落語“粗忽長屋”がモチーフ。「戦死したと伝えられていた男の正体は元人気落語家だった」という設定で、戦争によって傷つき記憶まで失くした男と、その恋人、かつての戦友が織りなす一風変わった物語だ。特殊メイクを施し、顔面を包帯で巻いたホラー映画のキャラクターのような主人公の奇抜な容貌など、随所に板尾ワールドちりばめられている。そんな他人の追随を許さない独特の世界観に浸りたい一作だ。

月光ノ仮面のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年1月14日
キャスト 監督・脚本・出演・出演板尾創路
脚本増本庄一郎
出演浅野忠信 石原さとみ 前田吟 國村隼 六角精児 津田寛治 根岸季衣 平田満 木村祐一 宮迫博之 矢部太郎 木下ほうか 柄本佑
配給 角川映画
制作国 日本(2011)

(C)2011「月光ノ仮面」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「月光ノ仮面」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:02:51

広告を非表示にするには