裏窓 感想・レビュー 5件

うらまど

総合評価5点、「裏窓」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-27

カヤ・スコデラーリオ主演の〈タイガー・ハウス〉を視た。此処でも、屋根裏部屋に隠れた方が逆に覗かれてしまう怖さが描かれている。本編のヒツチコツク・タッチはヒロインのカヤの恐怖に戦く表情に生かされる。其の勝ち気さが佳い!

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-05-23

Movie plus のTV 放映でグレース-ケリーの生涯を追った<グレース-オブ-モナコ>を観た。名画座でも観ていたが、ハリウッドの映画撮影所のシーンで始まり、撮影所のシーンで終わるー。本編<裏窓>ラストのファッション女性誌ELLE を読んでいる場面が、ヒッチコック監督へのマージュの様に出て来ている点も見逃せない。映画女優には二度と復帰しなかったグレースだが、こうして堂々と現代の銀幕に蘇った♪

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-28

ジェームズ・スチュアートが足のコルセットを掻こうとしているシーンを観ると、此れから始まる目撃・推理劇が妄想癖の賜物の様な気になる…。四角いスクリーンと四角い窓の大きさが呼応して映画の曼陀羅とも言える。縦長窓ならブラインドが半分下がると正方形!紅い煉瓦は夕暮れの色に色を増し…。中庭を隔てた遠景・中景はいきなり、グレースケリー嬢のクローズアップと接写のままでキスシーンに移る。二人でお酒を傾けて…。外でも一人赤ワインを用意する婦人の姿が!見えない相手と飲むミス・ロンリー。此もまた、夢の如し!

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-11

女性ファッション誌から抜け出て来た様なグレース・ケリー♪本編のキスシーンで見せる官能性とそのキュートさは、マジシャンのヒッチコック映画のトリックに無くてはならない!映画(知りすぎていた男)になると同じジェイムス・スチュアート相手でもドリス・デイはまた、別の魅力がある。作品もヒッチコック劇場見たく、きついブラック・ユーモアのスパイシーなテイストだった♪ケセラセラの唄と呆気ないどんでん返し…。家族の愛のメロデイ♪

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-07

映画とは人生模様の覗き窓!その縮図。本ヒッチコック・タッチはトリュフォーの思春期でシャルル・トレネの唄が流れる団地での冒頭からオマージュされている…。車椅子でのジェームス・スチュアートの望遠カメラのシーンも余りにも有名!怖いもの知らずの家政婦とグレース・ケリーのコンビネーションもいいし、ケリーは最高にオシャレで可愛いね♪

最終更新日:2017-11-17 20:00:26

広告を非表示にするには