映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁 作品情報

くれよんしんちゃんちょうじくうあらしをよぶおらのはなよめ

未来のしんのすけが大ピンチ!助けを求めに来たのは…未来のお嫁さん?

ある日ナイスバディなおねいさんに助けを求められたしんのすけ。彼女の名はタミコ。5才のしんのすけの力を借りに未来の世界からやってきた、未来のしんのすけのフィアンセだと言う。お互い本当に結婚相手か疑いつつも、とりあえず2人とカスカベ防衛隊は未来都市“ネオトキオ”へ。しかしタミコが“ネオトキオ”の支配者、金有増蔵によって放たれた刺客・花嫁(希望)軍団によって連れ去られてしまい…しんのすけの運命やいかに?

「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の解説

コミック連載20周年を迎えた大人気コミックの劇場版第18弾。観客動員累計2000万人を超す大人気シリーズの最新作は、初の本格未来タイムスリップもの。未来の世界“ネオトキオ”で、大人となったしんのすけが助けを求めているというのだ。劇場版クレヨンしんちゃんの魅力の1つとして、野原家の親としんのすけ・ひまわりの絆の描き方がある。孫ほどにも年が離れたしんのすけたちとひろし・みさえが見せる交流は、これまでのシリーズとはまた違った形であり、ホロリとしてしまう。ゲスト声優としてTVバラエティ番組で活躍中の女性タレント5人が花嫁(希望)軍団として登場。実際にも婚活中である彼女らの、魂を込めた演技にも注目だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年4月17日
キャスト 監督しぎのあきら
原作臼井儀人
声の出演矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
配給 東宝
制作国 日本(2010)

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2010

ユーザーレビュー

総合評価:4.29点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「夏」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2011-04-10

お馴染みのキャラクターたちの活躍や心情はとても感動したり面白かったりしたんですが、このタミコというキャラクターはあまり好きにはなれませんでした。イレギュラーで、しんちゃんのお嫁ではないな~と思いました。


レビューを投稿する

「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-01 17:41:17

広告を非表示にするには