ぼくたちと駐在さんの700日戦争 作品情報

ぼくたちとちゅうざいさんのななひゃくにちせんそう

ぼくたちが青春を賭けて熱くなったこと、それは田舎町の駐在さんとの戦いだった。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争のイメージ画像1

1979年、とある平和な田舎町。ママチャリ率いる「ぼくたち」7人は、気ままな高校生活を送っていた。ぼくたちがする事と言えば、ママチャリが考えるイタズラ。ところが、ぼくたちのイタズラに怯まない駐在さんがやってきた。しかし、これがママチャリを熱くさせてしまった。しかも、駐在さんには、町一番の美人妻がいるではないか。許せん!かくして、田舎の町を舞台に、駐在さんとぼくたちのしょうもない戦いが始まった。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の解説

人気ブログランキング第1位を総なめにした、怪物ブログ小説、「ぼくちゅう」が、早くも映画になった。昭和54年の田舎町を舞台にした、半実話の物語である。日本が今より、ほんの少し良かった時代、7人の高校生たちは、学校や町の人々にイタズラをしては、楽しんでいた。それに、毅然と立ち向かったのが新しくやってきた駐在さんだった。少年たちを厳しく取り締まるだけではなく、教師のように、親のように、また時には悪ガキ仲間のように、悪ガキにぶつかっていく駐在さんに、ちょっぴり惚れてしまうかも。「ぼくたち」には、市原隼人、石田卓也ら、青春映画のニュースターが総出演。頼もしい駐在さんには、佐々木蔵之助が颯爽と扮している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年4月5日
キャスト 監督塚本連平
原作ママチャリ
脚本福田雄一
出演市原隼人 佐々木蔵之介 麻生久美子 石田卓也 加治将樹 賀来賢人 石野真子 竹中直人
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2007)
上映時間 110分

(C)2008「ぼくちゅう」PARTNERS. [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:4.64点★★★★☆、14件の投稿があります。

P.N.「陽」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2011-06-14

バカばかりで、バカみたいなストーリーで、バカみたいにおもしろい。役者みなさん、とてもいい顔をしています。ありきたりな話かもしれませんが、元気がないときにはもってこいの映画です。


レビューを投稿する

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-25 15:24:01

広告を非表示にするには