ブラッド 作品情報

ぶらっど

ルーシー・リューがクールにバンパイアを葬るアクションホラー

敏腕記者のセイディーはカルトな記事でカバーページを飾り、気持ちよく旅行の計画を立てていた。そこにかつてカルト集団絡みの取材をした女性・トリシアの連絡先がガセだったとの連絡が入る。同僚のイーサンが入手した情報を頼りに、トリシアを捜しにとある廃墟へと向かうセイディー。廃墟の地下には血染めのベッドが置かれていた。胸騒ぎを覚えたセイディーはイーサンのアパートへと引き返す。そこで彼女は何者かに襲われ…。

「ブラッド」の解説

『スパイダーマン』シリーズや『THE JUON/呪怨』などで知られる、サム・ライミ率いるゴースト・ハウス・ピクチャーズが制作したアクションホラー。バンパイアのストーリーをベースに、セクシーなダークヒロイン作品を作り上げた。主人公のセイディーを演じるのは、ルーシー・リュー。次々とバンパイアを葬る姿をクールに表現。同時に人を殺すことに苦悩する姿も熱演し、作品により深みを与えた。その他ミュージシャンのマリリン・マンソンがバーテンダー役でカメオ出演。『SAYURI』『砲艦サンパブロ』などに出演した名優マコ(マコ岩松)は、本作が実写映画としては遺作となっている。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年8月11日
キャスト 監督・脚本セバスチャン・グティエレス
出演ルーシー・リュー マイケル・チクリス ジェームズ・ダーシー カーラ・グギーノ マコ
配給 リベロ
制作国 アメリカ(2006)
年齢制限 R-15
上映時間 98分

(C)Rise Productions, LLC. All Rights Reserved

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「アリスとテレス」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2007-10-22

ルーシー姉さんの吸血鬼物ですが、なかなかいい雰囲気を出してます。アクションは地味ですが、ヴァンパイアになった悲しみはよく表現されてます。ただし、人間関係が不鮮明で敵のヴァンパイア集団が理解しにくいのが惜しい。


レビューを投稿する

「ブラッド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-28 11:00:07

広告を非表示にするには