サンキュー・スモーキング 作品情報

さんきゅーすもーきんぐ

誰にだってひとつは才能がある!彼の場合は喋ることだった!?

タバコ研究アカデミー所属のPRマン、ニック・ネイラーの使命は、得意の話術でタバコ業界への手厳しいバッシングをかわすこと。その巧みな論理のすり替えテクニックから「情報操作の王」と異名をとる彼の評判はすこぶる悪いが、一人息子のジョーイだけはそんな父親を尊敬していた。訴訟を未然に防ぎ、反タバコ法案を掲げる上院議員をやり込め、ハリウッドをも巻き込むあの手この手の戦略を展開するが、思わぬ落とし穴が待っていた…。

「サンキュー・スモーキング」の解説

この男、憎めない。信用ならないと思いながら、ついついその喋りの魔法にかかってしまう。乗せられてしまうのだ。ローン返済のためと割り切った仕事ぶりには抜け目がないのに、若くてきれいな女にはガードが甘かったり、息子のジョーイに「自分で考え、自分で決める」ことの大切さを説く、真っ当さも持ち合わせた主人公ニック。この役にパーフェクトだと監督に言わしめた、アーロン・エッカートがチャーミングだ。クリストファー・バックリーの傑作小説「ニコチン・ウォーズ」を原作に、新鋭ジェイソン・ライトマン監督の、長編第1作となるこのタバコをめぐるラプソディーは、マーケティング第一のアメリカ社会を、辛辣にユーモアたっぷりに描いている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年10月14日
キャスト 監督ジェイソン・ライトマン
出演アーロン・エッカート マリア・ベロ キャメロン・ブライト アダム・ブロディ サム・エリオット ケイティ・ホームズ
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2006)
上映時間 93分

(C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-06-05

タイトル・バックから煙草のパッケージ柄何だ!愛煙家では無いけれどパッケージのイラストレーションは「塩と煙草の博物館」等で知ってたから、冒頭から楽しめた…。ロビーストでスポークスマンの父と子の愛と友情の物語で色んな映画のパロデイが飛び出すよ?ハリウッド映画そのものが、嘗て喫煙の広告塔だったから映画と煙草の関係を取り沙汰するのはタブーだったかもね??役者揃いで実に上手い作品創りだったー。まあ世の中の偏見や自立した物の見方や子育てに就いても考えさせられる要素に充ちているんだぜ???


レビューを投稿する

「サンキュー・スモーキング」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-10 16:00:04

広告を非表示にするには