雨に唄えば 作品情報

あめにうたえば

往年の名作ミュージカル!!

雨に唄えばのイメージ画像1

ドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)とコスモ・ブラウン(ドナルド・オコナー)の2人はヴォードヴィルの人気者、切っても切れぬ仲の良い友達同志だった。1920年代、2人はハリウッドにやって来て、インペリアル撮影所で仕事をみつけた。そのうちドンは西部劇でスタント・マンになり、俳優として契約され、調子よくサイレント映画のスターになることが出来た。彼の相手役リナ(ジーン・ヘイゲン)は、美人だが少々ぬけた女、そのくせお高くとまっていて、ドンは好きになれなかったのだが、彼女は自分からドンの恋人だと決めてかかっていた。だからドンが若くて歌も踊りもうまいケーシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になったとき、リナはナイトクラブに職をもっていたケーシーをクビにさせてしまった。ドンの悲しみをよそにケーシーは町を去り姿を消してしまうが。

「雨に唄えば」の解説

アーサー・フリードが「巴里のアメリカ人」に次いで製作したテクニカラーのミュージカル(1952年作品)で、製作のフリード、監督ならびに音楽場面振付けのジーン・ケリーとスタンリー・ドーネン、主題歌「雨に唄えば」に基づいてシナリオを書いたアドルフ・グリーンとベティ・カムデン、音楽監督のレニー・レイトン、撮影監督のハロルド・ロッソンらは、すべて「踊る大紐育」と同じスタッフである。歌曲の大部分は作詞が製作者フリード、作曲ネイシオ・H・ブラウンによる。出演者はジーン・ケリーをめぐって新進デビー・レイノルズ、ヴォードヴィル出身のドナルド・オコナー、ジーン・ヘイゲン「アパッチ族の最後」、ミラード・ミッチェル「拳銃王」、シド・チャリシー「闘牛の女王」、ダグラス・フォーリーら。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・出演ジーン・ケリー
出演ドナルド・オコナー デビー・レイノルズ
制作国 アメリカ(1952)

(C)Turner Entertainment Co.

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-11

NHK朝ドラ「半分、青い」のヒロインのスズメは左耳が聴こえない、だから傘に落ちる雨音は半分の音で静か…。バイト先百金shopで知り合った漫画ファンの男子に恋を打ち明けられるシーンが映画「ラ・ラ・ランド」宜しく本編の有名なシーンのオマージュだったー。傘を投げ捨ててのダンシング、想わずこう来るかと云う様な展開が絶妙だったー。本編は限り無く幸福なシーンに複製されて行くんだろう????????


レビューを投稿する

「雨に唄えば」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-19 00:01:18

広告を非表示にするには