男はつらいよ 寅次郎の縁談 作品情報

おとこはつらいよとらじろうのえんだん

「男はつらいよ」シリーズ46作目

来年大学を卒業し、就職しなければならない満男は、不況の追い風を受けて採用試験に苦戦していた。さくらと博は苛立つ満男をハラハラしながら見守るだけ。そのうち、自分自身にも嫌気がさした満男は旅に出てしまうのだった。ひさしぶりに葛飾に帰った寅は、事情を聞いて満男を連れ戻すことを安請け合い。さっそく、瀬戸内海の小島・琴島へ出掛けた。満男を見つけ出し、説教してみたものの、当の本人は看護婦の亜矢に恋してしまい、帰る気がないらしい。寅はその晩、とりあえず、満男の居候先に泊まった。

「男はつらいよ 寅次郎の縁談」の解説

「男はつらいよ」シリーズ46作目。香川県の瀬戸内海を舞台に、おなじみの寅さんが真剣に結婚を考える。マドンナは27作目『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』で共演した松坂慶子。その父親役には新国劇の大御所・島田正吾、御前様の娘役には1作目のマドンナ光本幸子が配された。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本山田洋次
脚本朝間義隆
出演渥美清 倍賞千恵子 吉岡秀隆 下絛正巳 三崎千恵子 太宰久雄 佐藤蛾次郎
制作国 日本(1993)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「男はつらいよ 寅次郎の縁談」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-10 17:12:51

広告を非表示にするには