スパイダー 作品情報

すぱいだー

犯罪心理捜査官が主人公になった全米ベストセラー・シリーズを映画化!

警戒厳重な一流私立学校で、上院議員の娘ミーガン(ミカ・ブレーム)が誘拐されるという事件が発生。2年もの間教師になりすましていた男が完全犯罪を成し遂げたのだ。ある日、著明な犯罪心理捜査官アレックス・クロス(モーガン・フリーマン)の元に1本の電話がかかってくる。声の主は指名手配中の誘拐犯ソーンジ(マイケル・ウィンコット)で、意味深な言葉で謎解きをするよう挑発してきたのだ。こうしてクロスは事件に責任を感じる女性シークレット・サービスのジェシー(モニカ・ポッター)と共に捜査を開始する!

「スパイダー」の解説

ベストセラー「アレックス・クロス」シリーズの第一作目を脚色し、『コレクター』に続く映画化シリーズ第2弾として製作された『スパイダー』。注目したいのは、決して同じ役はやらないというモーガン・フリーマンが、『コレクター』に続き、クロスを再び演じている点。今回モーガン・フリーマンは、主演だけでなく製作総指揮も兼ねている。それだけクロスに深い思い入れと愛着を感じているのだ。

さて気になる映画の出来だが、犯人が刑事に挑戦状を叩き付けるものとしてはモーガン・フリーマンも出演していた『セブン』や『ザ・ウォッチャー』などが上げられる。こういった作品は今までもよく作られていて、作品のテーマとしては何ら新鮮さは感じないのが正直な感想。誘拐犯演じたマイケル・ウィンスコットは存在感があり目を惹くが、その他の俳優陣は、今までと変わらず…といった感じ。特にモニカ・ポッターは、大役すぎたのでは?? 彼女にはやはりライトなラブコメが似合う。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年5月11日
キャスト 監督リー・タマホリ
原作ジェイムズ・パタースン
製作総指揮・出演モーガン・フリーマン
出演モニカ・ポッター マイケル・ウィンコット ミカ・ブレーム
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 103分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-12-04

本編はリー・タマホリ監督の演出の冴えと、何と言っても主演のモーガン・フリーマンが素敵何だ。此れは痺れるぜ!?


レビューを投稿する

「スパイダー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-09 16:00:03

広告を非表示にするには