ソードフィッシュ 作品情報

そーどふぃっしゅ

セクシーで、スリリングで、まやかしがいっぱい!ジョン・トラボルタの仕掛けが詰まったジェットコースター・アクション

ソードフィッシュのイメージ画像1

元No.1ハッカー、スタンリー(ヒュー・ジャックマン)は出所後、愛する娘に会うことも出来ずに孤独な生活を送っていた。そこへ謎めいた美女ジンジャー(ハル・ベリー)が訪ねてきて、娘にも会え、さらに大金が手に入るという美味しい話を持ちかけてくる。そして彼女のボス、ガブリエル(ジョン・トラボルタ)に会ったスタンリーは、政府の不正な闇資金をコンピューター回線を使い奪うという計画を聞かされるが…。

「ソードフィッシュ」の解説

『マトリックス』のプロデューサー、ジョエル・シルバーと、『60セカンズ』の監督ドミニク・セナ、そして『フェイス/オフ』のジョン・トラボルタ主演で贈るエンタテイメント・アクション『ソードフィッシュ』。タイトルの『ソードフィッシュ』とは、映画の中に登場する架空の話。80年代初めに麻薬取締局が実行した極秘作戦の名が「ソードフィッシュ」で、麻薬資金の流れをつかむために作ったダミー会社が、予想外の利益を上げ、今では95億ドルとなって銀行に眠っているというもの。この大金に目を付けた天才犯罪者ガブリエルと、彼に目を付けられてしまった天才ハッカーの頭脳ゲームをスリリングに描いたのが本作。

謎に満ちたキャラクター、多くの銃撃シーン、そしてハル・ベリーを始めとしたセクシーな美女の登場。どれも心くすぐる内容だが、なんといっても注目すべき点は、コンピューター犯罪と社会的問題となっているテロ事件をミックスさせ、そこに多くの罠を投入することで、まったく展開が読めなくなっているストーリーだ。観客を煙に巻く難解な物語は、一瞬たりとも目を離したら分からなくなってしまうひねりのきいた脚本と、VFXにより見せるド迫力の銃撃シーンで、まさにローラーコースター的な魅力を兼ね備えている。一体、誰を信じていいのか?そして何が真実なのか?全てがまやかしなのか?最後まで目が離せない第1級アクションサスペンスだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年11月3日
キャスト 監督ドミニク・セナ
出演ジョン・トラボルタ ハル・ベリー ヒュー・ジャックマン
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2001)
上映時間 99分

(c)2001 Warner Bros.All Rights Reserved [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ソードフィッシュ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-05 17:22:58

広告を非表示にするには