2017年9月 第4週の映画ランキング

今週のランキングは、今週の映画動員ランキングは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(KADOKAWA/松竹)が、土日2日間で動員16万8000人、興収2億1000万円をあげ初登場1位を獲得!世界累計900万部を突破している「東野圭吾史上最も泣ける」との呼び声高い同名ベストセラー小説を、「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一が実写映画化!

集計日付:2017年9月23日~9月24日

 今週の映画動員ランキングは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(KADOKAWA/松竹)が、土日2日間で動員16万8000人、興収2億1000万円をあげ初登場1位を獲得!世界累計900万部を突破している「東野圭吾史上最も泣ける」との呼び声高い同名ベストセラー小説を、「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一が実写映画化。主演は「Hey! Say! JUMP」の山田涼介、ナミヤ雑貨店店主役を西田敏行が演じるほか、尾野真千子、村上虹郎、寛 一 郎、林遣都、成海璃子、門脇麦、萩原聖人と豪華俳優陣が顔をそろえている。23日の初日には、丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶が全国120の劇場に生中継され、各地で盛り上がりを見せた。翌24日には大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマでも舞台挨拶が行われた。観客は男女比が3:7と世代を問わず女性客の割合が高く、レディースデイの高稼働が期待される。

  人気アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーが主演する『あさひなぐ』(東宝映像事業部)は、土日2日間で動員9万4000人、興収1億2600万円をあげ2位でスタート。主演の西野七瀬ほか、白石麻衣、生田絵梨花ら人気メンバー8人が出演。監督は「ヒロイン失格」「トリガール!」の英勉。

  沼田まほかるの同名ミステリー小説を実写映画化した『ユリゴコロ』(東映/日活)は8位スタート。主演の吉高由里子のほか松坂桃李、松山ケンイチらが出演。監督は実写版「心が叫びたがってるんだ。」の熊澤尚人。

  ほか新作では『スクランブル』(ギャガ)が10位にランクイン。「96時間」「ワイルド・スピード」シリーズの製作陣が再集結し、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドと期待の新人フレディ・ソープが、高級クラシックカー専門の強盗団に扮して繰り広げるクライム・アクション。カーアクションがみどころということもあり、観客の7割が男性客。30代~50代が中心だが、シニア層も多く見受けられ、平日の稼働も期待できるスタートとなっている。

  既存作品では、『ダンケルク』(ワーナー)が新作2本に次いで3位に留まり、累計興収は12億円を突破。『三度目の殺人』(東宝/ギャガ)は4位となり、累計興収は10億円を突破。6位の『関ヶ原』(東宝/アスミック・エース)は累計興収20億円を突破している。

最終更新日:2017-10-31 16:56:27

広告を非表示にするには