皇帝ペンギン ただいま 作品情報

こうていぺんぎんただいま

12年の時を経てふたたび、極寒の南極へ。

皇帝ペンギン ただいまのイメージ画像1
皇帝ペンギン ただいまのイメージ画像2

零下40度、時速250kmにもなるブリザードが吹き荒れる南極で暮らし、世界でもっとも過酷な子育てをする鳥、皇帝ペンギン。天敵を避けるために繁殖期になると海から100kmも内陸のオアモック(氷丘のオアシス)へ向かい、そこで産卵する。母ペンギンは大切な卵を父ペンギンに渡し、海へ。母ペンギンが戻るまでの約120日間、絶食状態で卵を温め、孵化したヒナを守る父ペンギン。中には抱卵に失敗するものも、ヒナが天敵に襲われてしまうものも。集団の中でも最長老にあたり子育ての大ベテランである40歳の父ペンギンは、無事にヒナを母ペンギンに受け渡せた。営巣地オアモックと海との長い距離を往復し、食欲旺盛なヒナを育てていく両親たち。やがて夏が近づき、ヒナと両親の別れの時がやってくる。そしてヒナ特有の灰色の羽毛が抜け始める頃、ヒナたちは何かに導かれるように歩き出す。厳しい旅の果てにたどり着いた先とは…。

「皇帝ペンギン ただいま」の解説

極寒の地・南極で生きるペンギンたちをドラマティックに映した『皇帝ペンギン』の続編ドキュメンタリー。デジタル4Kカメラやドローンをを導入し、まだ子供の羽毛に覆われた若いペンギンたちの初めての旅に密着。懸命なペンギンたちの姿や親子の絆を捉える。前作に引き続きリュック・ジャケがメガホンを取り、南極圏内だけで一生を過ごす世界一大きなペンギンたちの真の姿を、南極の絶景とともに迫力の映像で紹介する。(作品資料より)

皇帝ペンギン ただいまのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年8月25日
キャスト 監督リュック・ジャケ
配給 ハピネット
制作国 フランス(2017)
上映時間 85分
公式サイト http://penguin-tadaima.com/

(C)BONNE PIOCHE CINEMA - PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : (C)Daisy Gilardini

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「皇帝ペンギン ただいま」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-08-13 23:30:21

広告を非表示にするには