ワンダーストラック 作品情報

わんだーすとらっく

セルズニックの小説を映画化

ワンダーストラックのイメージ画像1
ワンダーストラックのイメージ画像2

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。異なる時代に生きた2人の物語はやがて謎めいた因縁で結び付けられ、一つになっていく…。

「ワンダーストラック」の解説

『エデンより彼方に』『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、「ヒューゴの不思議な発明」のブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化。疎外された2人の子供たちを主人公に、見失ってしまった大切なものを探しに出る2つの物語が交互に語られる。本作で脚本家デビューを果たした原作者のセルズニックは、ローズのパートは“白黒でサイレント”、ベンのパートは“カラーで音あり”で描くなど、独創的にその世界観の違いを表現している。少年ベンを演じるのは『ピートと秘密の友達』のオークス・フェグリー。少女ローズ役には、自身も聴覚障害を持ち、本作が映画初出演となる13歳のミリセント・シモンズが大抜擢された。また、この二人をつなぐ重要な役どころをジュリアン・ムーアが演じている。(作品資料より)

ワンダーストラックのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年4月6日
キャスト 監督トッド・ヘインズ
脚本・原作ブライアン・セルズニック
出演オークス・フェグリー ジュリアン・ムーア ミシェル・ウィリアムズ ミリセント・シモンズ
配給 KADOKAWA
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 117分
公式サイト http://wonderstruck-movie.jp/

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

DVD・ブルーレイ発売情報

ワンダーストラック

ワンダーストラックジャケット写真
発売日2018年8月24日
価格3,800円+税
発売元KADOKAWA
販売元KADOKAWA
型番DABA-5415

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。異なる時代に生きた2人の物語はやがて謎めいた因縁で結び付けられ、一つになっていく…。
【特典】
予告編

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「それは、サンダーボルト」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-04-25

それは、青天の霹靂。雷が、地上の植物の発芽を促すように。眠れる物語を目覚めさせる。少年の父を知りたいと思う熱い想いに、天は雷鳴をもたらし眠れる物語を紐解いてくれた。ワンダーストライク、それは、雷=サンダーボルト。青天の霹靂。心暖まるストーリーと懐かしい時代の再現が時空を超えて私達にもワンダーストライクをもたらしてくれるのかもしれません?


レビューを投稿する

「ワンダーストラック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-14 00:01:03

広告を非表示にするには