草原の河 作品情報

そうげんのかわ

チベットのソンタルジャ監督、劇場初公開作

草原の河のイメージ画像1
草原の河のイメージ画像2

チベット。空と大地が広がる。厳しい自然の中で牧畜を営む家族。幼い娘は、母が新しい命を授かったと知り、やがて生まれてくる赤ちゃんに母を取られてしまうと心を痛める。その父は、四年前の出来事をきっかけに自分の父親をいまも許せないで居る。娘、その父、そして祖父。家族三代それぞれの心情を河が見つめている。

「草原の河」の解説

チベット人監督ソンタルジャの美しくも峻烈な映像の力で、2015年ベルリン国際映画祭を皮切りに数々の国際映画祭で賞讃された本作。日本初のチベット人監督劇場公開作でもある。刻々と動く雲の隙間から降りそそぐ光、急に降りだす雨、凍った河を走るバイク、子羊の鳴き声、赤ん坊を授けるという天珠をじっと見つめる娘、生と死の無垢と残酷。みずみずしい感動に満ちた一作が誕生した。(作品資料より)

草原の河のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年4月29日
キャスト 監督・脚本ソンタルジャ
出演ヤンチェン・ラモ ルンゼン・ドルマ グル・ツェテン
配給 ムヴィオラ
制作国 中国(2015)
上映時間 98分
公式サイト http://moviola.jp/kawa/

(C)GARUDA FILM

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「草原の河」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-13 23:33:10

広告を非表示にするには