草原の河 作品情報

そうげんのかわ

チベットの遊牧民一家を少女の目を通して描く

草原の河のイメージ画像1
草原の河のイメージ画像2

中国内陸部、チベットの草原で牧畜を営む一家は、両親と幼い娘の三人家族。父のグルは、かつて家を出て僧侶になった祖父から十分な愛情を与えられなかったという思いが強く、4年前のある出来事から、自分の父親をいまも許せないでいた。娘は、母が新しい命を授かった事を知り、生まれてくる赤ちゃんに母を取られてしまうのではと不安になっている。やがて季節は移ろい、家族三代の関係が変化する時がやってくる。

「草原の河」の解説

チベットで牧畜に携わる一家の娘と父、祖父の心情を、幼い女児の目を通して描いた、チベット人監督ソンタルジャの長編2作目。第28回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で上映。このたび日本で初のチベット人監督作品として劇場公開される。舞台は海抜3060メートルの地。寒冷期にはマイナス30度となる青海省海南チベット族自治州の厳しい自然の中で、放牧を営む家族─幼い娘、父、祖父、家族三代のそれぞれの心情を美しくも峻烈な映像で描いている。幼い娘役を演じるヤンチェン・ラモ(撮影当時6歳)が、2016年の上海映画祭で史上最年少として同映画祭のアジア新人賞・主演女優賞を受賞。その演技にも注目したい。

草原の河のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年4月29日
キャスト 監督・脚本ソンタルジャ
出演ヤンチェン・ラモ ルンゼン・ドルマ グル・ツェテン
配給 ムヴィオラ
制作国 中国(2015)
上映時間 98分
公式サイト http://moviola.jp/kawa/

(C)GARUDA FILM

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「えだまめ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-04

チベットの豊かな大自然と生きる家族。 住まいや暮らしぶりは遊牧民なのに、バイクやトラック、ジーパンにジャケット。実は現代社会と隣合わせ。 家族愛と、ヤンチェン、ラモの可愛らしさにやられました。お手上げです。小麦畑のクマさん、たくさん増えてるといいね~。


レビューを投稿する

「草原の河」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-11 00:01:21

広告を非表示にするには