陽だまりの彼女 作品情報

ひだまりのかのじょ

あなたに会いたくて、私はここに来たのです

陽だまりの彼女のイメージ画像1
陽だまりの彼女のイメージ画像2

広告代理店の営業マン・奥田浩介は、仕事で下着メーカーの広報担当・渡来真緒と出会う。実は浩介と真緒は中学校時代の同級生で、お互いに初恋の相手だった。再会した浩介と真緒はお互いに気持ちを告白し、付き合うように。初デートで江の島に出かけた時、真緒は浩介を実家に連れて行く。そこで真緒は浩介との結婚を両親に宣言した。その後、浩介は真緒の父親から、真緒には渡来家に里子に来る13歳までの記憶がないことを知らされる。

「陽だまりの彼女」の解説

初恋の相手と偶然再会し、恋に落ち、結婚。運命に導かれたようなこの恋には、実は大きな“秘密”があった…。運命の恋を描き、“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”として、70万部を超えるベストセラーとなった越谷オサムの同名小説を、『ソラニン』『僕等がいた』の三木孝浩監督が描いたファンタジック・ラブストーリー。松本潤と上野樹里が運命の恋人たちを丁寧に演じている。光あふれる江の島でのデートの模様や、新居の陽だまりでくつろぐ姿など、映像も柔らかで美しく、まぶしい。そんな美しさがあふれているからこそ、隠されていた秘密が切なく、二人の愛を実感できるのだ。

陽だまりの彼女のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年10月12日
キャスト 監督三木孝浩
原作越谷オサム
出演松本潤 上野樹里 玉山鉄二 菅田将暉 大倉孝二 谷村美月
配給 東宝=アスミック・エース
制作国 日本(2013)
上映時間 129分

(C)2013『陽だまりの彼女』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.32点★★★★☆、22件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-03-04

上野樹里と松本潤が呼吸の合った演技!フランス映画(トリュフォーの思春期)にもベランダから赤ちゃんが落下する実際のエピソードが有ったけれどハラハラさせられた…。カメラワークの美しさもファンタジックな雰囲気を引き立ている♪エンドレス・ラブ♪


レビューを投稿する

「陽だまりの彼女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-03 14:24:13

広告を非表示にするには