ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 作品情報

はんぐおーばーきえたはなむことしじょうさいあくのふつかよい

ホテルの部屋で目覚めたら花ムコが消え、なぜか赤ん坊とトラが…。全米大ヒットの爆笑二日酔いコメディ

結婚を控えた花婿のために男友達が集まってハメを外すバチェラー・パーティー。2日後の本番を前にしたダグは、親友のフィル、スチュ、そして婚約者の弟のアランとラスベガスへ向かう。高級ホテルのペントハウスを借り、乾杯後に街へ繰り出したはずだが…。翌朝、部屋でひどい二日酔いで目を覚ました友人たち。部屋は荒れ放題、ダグは失踪、そしてなぜかクローゼットに赤ん坊、バスルームにはトラが!?いったい昨夜、何が起きたのか?

「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の解説

ほとんど無名のスタッフ、キャストながら、全米で週間ランキング1位になり、全米コメディ映画史上、歴代最高の興収を記録。消えた花ムコの行方を捜すため、記憶がとんだ主人公たちは、昨夜の自分たちの足跡をたどっていく。しかしベンツはパトカーに変わり、仲間のひとりはストリッパーと結婚式を挙げていた事実が発覚。さらに中国人マフィアに命を狙われ、警察に逮捕される。「記憶喪失」はサスペンスの定番だが、ここでは「二日酔い」という身近な体験から、次々に降りかかる災難が謎解きを笑いに変えている。『40歳の童貞男』、『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』など、ダメ男たちによるコメディが人気だが、本作もその一本となるだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年7月3日
キャスト 監督トッド・フィリップス
出演ブラッドリー・クーパー エド・ヘルムズ ザック・ガリフィアナキス ヘザー・グラハム ジャスティン・バーサ ジェフリー・タンバー マイク・エップス マイク・タイソン
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2009)
年齢制限 R-15
上映時間 100分

(C)2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「ちょこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2011-06-22

これくらいつきぬけてバカだとほんと笑えました!次回作も期待です。


レビューを投稿する

「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:43:42

広告を非表示にするには