インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 作品情報

いんでぃじょーんずまきゅうのでんせつ

冒険家インディ・ジョーンズが、ナイトクラブの歌姫、中国人少年とともにインドの宮殿でくりひろげる大冒険!

1935年、上海。ナイトクラブ「オビ・ワン」では歌姫ウィリースコットが「エニシング・ゴーズ」を歌っていた。あるテーブルでは、考古学者で冒険家のインディが上海の犯罪王ラオ・チェーと取引をしていた。インディがラオの先祖であるヌルハチ皇帝の位牌を入手し、ダイヤと交換したのだがラオは毒を飲ませ、ダイヤを取り返そうとする。解毒剤とダイヤをめぐっての乱闘の末、インディはウィリーと一緒に逃げ出し、中国人少年ショーティを連れて上海空港へ急いだ。3人を乗せた飛行機は、実はラオのもので、操縦士2人は、インディらが眠ってるうちにバラシュートで脱出してしまうが危ういところで気がついたインディらは救命ボートに乗り込み、飛行機から脱出。ボートは雪の斜面をくだって川へ。3人はインドに不時着したのだ…。

「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」の解説

「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」(81)の続編で、前作の舞台となった36年より1年前の35年から話は始まっている。製作はロバート・ワッツ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョージ・ルーカスとフランク・マーシャル。監督は前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが担当。ジョージ・ルーカスの原案に基づき、ウィラード・ハイクとグロリア・カッツの夫婦が脚本を執筆。出演はハリンン・フォード、ケイト・キャプショー、キー・ホイ・クァン、アムリッシュ・プリ、ロイ・チャオ、ロシャン・セスなど。83年4月18日よりスリランカで撮影開始され、その後、香港、マカオ、ロンドン、カリフォルニアで製作された。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督スティーヴン・スピルバーグ
原案・製作総指揮ジョージ・ルーカス
出演ハリソン・フォード ケイト・キャプショー キー・ホイ・クァン アムリッシュ・プリ ロシャン・セス フィリップ・ストーン
制作国 アメリカ(1984)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-03 14:24:09

広告を非表示にするには