マイケル・J・フォックス、アカデミー名誉賞を受賞へ

マイケル・J・フォックス、アカデミー名誉賞を受賞へ
提供:シネマクエスト

マイケル・J・フォックスに、アカデミー名誉賞が授与される。若くしてパーキンソン病と診断された『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で知られるマイケルが、自身の財団マイケル・J・フォックス基金を通じた同病の研究支援を称えられ、今年のガバナーズ賞式典でアカデミー名誉賞の栄誉にあずかる。アカデミー名誉賞は、生涯の功労、映画芸術や科学の分野への多大な貢献、同アカデミーに対して傑出した働きをした人物に贈られる。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで一躍有名となったマイケルは、『摩天楼はバラ色に』『ドク・ハリウッド』『カジュアリティーズ』といった作品でも高い評価を受けていた。2000年にパーキンソン病の研究支援を目的に財団を設立、これまでにエミー賞を5回、ゴールデン・グローブ賞を4回、全米映画俳優組合賞を2回、グラミー賞を1回受賞している。11月19日にロサンゼルスで開催される今年のガバナーズ賞では、マイケルのほか、ソングライターのダイアン・ウォーレン、映画監督のユーザン・パルシーとピーター・ウィアーにもアカデミー名誉賞が授与される。

最終更新日
2022-06-24 10:00:42
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには