ペネロペ・クルス、ベネチア国際映画祭で女優賞受賞

ペネロペ・クルス、ベネチア国際映画祭で女優賞受賞
提供:シネマクエスト

ペネロペ・クルス(47)が、第78回ベネチア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した。ペドロ・アルモドバル監督の新作『Parallel Mothers』に主演したペネロペが、11日(土)名誉あるヴォルピ杯女優賞に輝いた。このほかマギー・ギレンホールが、『The Lost Daughter』で脚本賞、ジェーン・カンピオンがネットフリックス映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』で1990年に銀獅子賞(監督賞)が始まって以来2人目の女性として受賞を果たした。さらに、フィリッポ・スコッティが『Hand of God‐神の手が触れた日』で新人俳優賞であるマルチェロ・マストロヤンニ賞、ジョン・アルシラが『On the Job: Missing 8』でヴォルピ杯男優賞、最高賞にあたる金獅子賞にはオードレイ・ディヴァンによる中絶を題材とした仏映画『Happening』が輝いた。

最終更新日
2021-09-15 10:00:23
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには