ヘンリー・ゴールディング、『説得』映画化作品のキャスト入り

ヘンリー・ゴールディング、『説得』映画化作品のキャスト入り
提供:シネマクエスト

ヘンリー・ゴールディング(34)が、英作家ジェーン・オースティンの小説『説得』の映画化作品に出演する。『クレイジー・リッチ!』などで知られるヘンリーは、すでにダコタ・ジョンソンが主役のアン・エリオットを演じることが明らかになっている同ネットフリックス作品で、アンに求愛するウィリアム・ウォルター・エリオット役にキャスティングされたという。破産寸前でありながらもお高くとまった家族と暮らすアンが、元恋人のフレデリックが現れ、過去を葬るか、自らの心に耳を傾けるかの選択を迫られる姿が描かれる。ジェイク・ギレンホールとトム・スターリッジ出演の舞台作『Sea Wall/A Life on Broadway』を手掛けた舞台演出家キャリー・クラックネルが今回初めて映画監督に挑戦する同作品では、ロン・バスとアリス・ヴィクトリアが脚本、アンドリュー・ラザーとクリスティーナ・ワイス・ルーリーが製作、エリザベス・カンティロン、マイケル・コンスタブル、デイヴィッド・フリーゲルが製作総指揮を担う。

最終更新日
2021-05-08 10:00:43
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには