ジョセフ・ゴードン=レヴィットら、ロバート・ゼメキス監督版『ピノキオ』のキャスト入り

ジョセフ・ゴードン=レヴィットら、ロバート・ゼメキス監督版『ピノキオ』のキャスト入り
提供:シネマクエスト

ジョセフ・ゴードン=レヴィット(40)とシンシア・エリヴォ(34)が、ロバート・ゼメキス監督による実写版『ピノキオ』のキャストに加わった。カルロ・コッローディによる1883年発表の童話『ピノッキオの冒険』を原作にしたディズニーによる1940年のアニメーション映画のリメイクとなるDisney+の実写版で、ジミニー・クリケットとブルー・フェアリーの声をそれぞれ演じる。同作では、トム・ハンクスがおもちゃ職人のゼペット役、またルーク・エヴァンスが悪役のコーチマンを演じるほか、ベンジャミン・エヴァン・アインズワースがタイトルロールの声で出演することがすでに決定している。ゼメキスがクリス・ワイツと共に執筆した脚本を基にメガホンを取る同作の撮影は、今月イギリスで開始予定となっている。

最終更新日
2021-03-07 10:00:18
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには