『ザ・バットマン』、スタントマンがコロナ陽性で撮影に再度の遅れ

『ザ・バットマン』、スタントマンがコロナ陽性で撮影に再度の遅れ
提供:シネマクエスト

『ザ・バットマン』の撮影が、主演のロバート・パティンソンのスタントダブルに新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを受けて、再度の一時休止に見舞われている。厳しい検査体制のもと進められているマット・リーヴス監督による同作の撮影だが、コロナの影響で休止するのはこれで3度目となる。昨年3月にはイギリスがロックダウンに入ったことにより撮影が一時休止、そして9月にはロバート本人が陽性反応が出たことで2週間の隔離措置を受けていた。ゾーイ・クラヴィッツやコリン・ファレルなども出演する待望の新作は、これらの遅れにより公開延期を余儀なくされ、現在は2022年3月の公開を予定している。

最終更新日
2021-02-21 10:00:46
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには