ジョエル・キナマン、新作でNFL選手ジェリー・スミス役へ

ジョエル・キナマン、新作でNFL選手ジェリー・スミス役へ
提供:シネマクエスト

ジョエル・キナマン(40)が、新作映画で60年代から70年代にかけて活躍したNFL選手ジェリー・スミスを演じる。同作では、同性愛者であることを隠し続け1986年にエイズで他界したスミスと、黒人男性として差別に苦しんだチームメイトのブリッグ・オーウェンズ(77)が友情を育み、挑戦に立ち向かってゆく姿が描かれるという。トミー・オリヴァーが、脚本ならびにアンソニー・カーンと共に製作も担う本作は、来年の撮影開始が見込まれており、ジョエルもジョン・バーンサルと共に製作総指揮としても参加する。今の時代においてもホモセクシュアリティと向かい合う若者の多くが誰にも相談できずにいるとジョエルは指摘、このストーリーが語られるべきだとした。一方プロデューサーのカーンは、オーウェンズをNFLの試合開始前の国歌斉唱の際、跪いて人種不平等への反対を訴えたコリン・キャパニックに例え、フィールドの内外で正義のために闘ったと故人を称えた。

最終更新日
2020-10-30 10:20:02
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには