カヤ・スコデラリオ、『バイオハザード』実写映画リブート版で主演へ

カヤ・スコデラリオ、『バイオハザード』実写映画リブート版で主演へ
提供:シネマクエスト

カヤ・スコデラリオが『バイオハザード』実写映画のリブート版で主演を務める。「メイズ・ランナー」シリーズなどで知られるカヤは、カプコン社の同人気ゲーム映画化作で、主役のクレア・レッドフィールド役を演じることになる。また、クレアの兄クリス役には『THEFLASH/フラッシュ』のロビー・アメル、ジル・バレンタイン役には『アントマン&ワスプ』のハナ・ジョン=カーメン、アルバート・ウェスカー役には『アンブレラ・アカデミー』のトム・ホッパー、レオン・S・ケネディ役には『ゾンビランド:ダブルタップ』のアヴァン・ジョーギア、ウィリアム・バーキン役には『デスパレートな妻たち』のニール・マクドノーがキャスティングされている。監督と脚本を兼任するヨハネス・ロバーツは、ゾンビ化が始まった1998年のラクーンシティの運命の夜が舞台となる映画でも、「サバイバルホラー」であるゲームの本質を失うことなく描くつもりだという。コンスタンティン・フィルム社が製作を手掛ける新作は、2017年公開の『バイオハザード: ザ・ファイナル』以来となるシリーズ第7作目となる。

最終更新日
2020-10-09 10:10:47
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには